18歳のラメロ・ボールとRJ・ハンプトンがオーストラリアで大活躍

オーストラリアのバスケットボール・リーグ『NBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)』でプレーしている18歳のラメロ・ボールとRJ・ハンプトンが、オーストラリアに集結した大勢のNBAスカウトたちの目を釘付けにしたようだ。 地元メディアによると、タスマニアのホーバートで開催されたNBLのプレシーズン・ゲームには、NBAスカウトが24名以上も訪れたと報告されている。そして彼らが見守る中、ボールとハンプトンは非常に素晴らしい活躍を見せたそうだ。 NBLのジェレミー・ローリガー・コミッショナーは「NBLでプレーする選手を見るために、かつてない数のNBAチームからスカウティングの申請が届きました。これはNBLにとってまたとない機会ですし、このリーグが世界で注目されていることを証明する出来事です」とコメントしている。 ボールとハンプトンはアメリカの大学ではプレーせず、高校卒業後すぐにNBLでプレーすることを選んだ。彼らはオーストラリアでバスケットボール選手としての経験を積み、NBAドラフトでの自分たちの価値(指名順位)を高めようと考えたのだ。 この日、イラワラ・ホークスに所属するボールは19得点、13リバウンド、7アシストを記録し、チームも122-119でパース・ワイルドキャッツに勝利した。ニュージーランド・ブレイカーズに所属するハンプトンも、20得点、5リバウンド、3スティール、2アシスト、2ブロックと活躍したが、チームは95-102でサウスイースト・メルボルンに敗れている。 ボールの兄のロンゾ・ボールは、2017年のNBAドラフト1巡目全体1位指名でロサンゼルス・レイカーズに入団したが、今オフにニューオリンズ・ペリカンズにトレードされている。

関連タグ

  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 18歳のラメロ・ボールとRJ・ハンプトンがオーストラリアで大活躍