キングスとNBAがルーク・ウォルトンHCの調査を終了

サクラメント・キングスとNBAが、性的暴行容疑で訴えられたルーク・ウォルトンHC(ヘッドコーチ)の調査を終了したと発表した。調査の結果、容疑を裏付けるのに十分な証拠は見つからなかったそうだ。 今年4月に元スポーツキャスターのケリー・テナント氏がロサンゼルスで訴訟を起こしたことを受け、チームとリーグは共同して調査を開始したが、「テナント氏は調査に協力しなかった。そして、我々は有効な証拠を得ることはできなかった。以上の結果から、我々はウォルトンHCの容疑を裏付けるだけの証拠が無かったと結論づけた」という結論に至った。 現地8月23日、キングスとNBAは「さらなる証拠が提示されない限り、この件についてこれ以上調査することはない」と発表している。 ウォルトンHCは、ロサンゼルス・レイカーズのヘッドコーチを解任された翌日の今年4月13日(現地時間)にキングスのヘッドコーチに任命された。 キングスは「ルーク・ウォルトンは我々のヘッドコーチだ。我々は彼をサポートし、今シーズンの開幕に備える」という声明文を発表している。 テナント氏は、執筆中の本について話し合うためにウォルトン氏のホテルの部屋に行った際に、ベッドに押さえつけられてキスを強要され、体を触られたと主張していた。この一件があったのは、ウォルトンHCがレイカーズのヘッドコーチになる以前の2016年のことだったそうだ。その当時、テナント氏はSportsnet LAで働いていた。 テナント氏は、ウォルトンHCがレイカーズのヘッドコーチになって以降もハラスメントを受け続けたと主張していた。 ウォルトンHCは「私はサクラメント・キングスでのコーチングに100%集中し、最高の選手とコーチたちと共にプレシーズンの開幕に向けた準備に励んでいる。この件に関する、これ以上のコメントは控えさせてもらう」という声明文を発表している。

関連タグ

チーム

  • キングス

キーワード

  • ニュース全般
  • ルーク・ウォルトンHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キングスとNBAがルーク・ウォルトンHCの調査を終了