デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に

かつてクリーブランド・キャバリアーズでヘッドコーチをしたデイビッド・ブラット氏が、多発性硬化症と診断されたことを告白した。 多発性硬化症は中枢神経のシステムに問題を起こす病だ。 ブラット氏によると、彼は数ヶ月前から疲労、脚力の減退、バランスを崩すといった症状に悩まされていたそうだ。 現在ブラット氏がヘッドコーチを務めるギリシャのオリンピアコスの声明によると、彼は今後もチームのヘッドコーチを続けるとのことだ。ブラット氏は「私はコーチであり、私の仕事はチームを率いて多くの人々を指導して啓蒙することだ。体に不調があったとしても、私が仕事をこなすことに何の問題も起こらない」とコメントしている。 また、ブラット氏は「私は選手やスタッフに『いつでも自分のベストを尽くせ』と言っている。だから、自分自身も、そういった心構えでいないといけない」と付け加えている。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に