左手骨折のクリス・ポールが修復手術で4~6週間欠場の見込み 左手手術は5回目

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクリス・ポールは、日本時間1月5日(現地4日)に行われたデトロイト・ピストンズ戦で左手を骨折して手術を受ける予定で、4~6週間は欠場する予定だという。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が伝えた。 今季ウォリアーズに移籍したポールは、32試合に出場して平均8.9得点、3.8リバウンド、7.2アシスト、1.1スティールを記録。シーズン途中にシックスマンからスターターへ配置転換され、先発11試合では平均21.7得点、3.8リバウンド、7.5アシスト、1.5スティール、フィールドゴール成功率48.0%、3ポイント成功率51.0%の成績を残していた。 そのなかでピストンズ戦の第3クォーター中盤、3ポイントを外した後でリバウンドを取ろうとした際、ピストンズのジェイデン・アイビーと衝突して負傷したと見られている。 ポールは今週左手骨折の修復手術を受ける予定で、関係者によれば4~6週間欠場する見込み。ドレイモンド・グリーン復帰後にチームを離脱すると、『ESPN』のウォジナロウスキー記者はレポートしている。 ポールは19シーズンのキャリアで左手を5回、右手を6回手術。欠場期間では、29試合で平均9.3得点、3.2アシストを挙げている新人ブランディン・ポジェムスキーに期待が懸かる。

▶▶NBAファイナルまで全試合観られる! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ウォリアーズ

Players

  • Chris Paul

Keywords

  • ニュース全般
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. 左手骨折のクリス・ポールが修復手術で4~6週間欠場の見込み 左手手術は5回目