ナゲッツの二コラ・ヨキッチが語る引退後の夢 「電話を持たないことが大きな目標の一つ」

昨季はキャリア初の優勝を成し遂げるなど、輝かしい実績を残してきたデンバー・ナゲッツの二コラ・ヨキッチだが、当の本人はそうした名声に興味はないようだ。チームメイトであるマイケル・ポーターJr.のポッドキャスト番組『Curious Mike』で、ヨキッチは自身の価値観について語った。 「結局僕らはただのバスケットボール選手なんだ。得意なことをやっているだけなんだけど、メディアが身の回りにいて、そのおかげで報酬も得ている。有名になるのを好む人もいるだろうけど、僕はあまり好きじゃない。キャリアを終えたら、誰も自分のことなんて知らなくていいと思っているし、子どもたちからも僕をバスケットボール選手ではなく、父親として認識された方が嬉しいよ」 そんなヨキッチだからこそ、引退後の目標も非常に質素なものだった。 「電話を持たないことが大きな目標の一つなんだ。普通の生活を送りたいのさ。友達と飲みに出かけたり、ランチに行ったり、子どもと遊んだり、乗馬に行ったり。誰も大騒ぎしない中でね」 自由気ままな生活に憧れるヨキッチは、まだ28歳。本人がいつまで現役を続けるか次第ではあるものの、理想の生活を送れるようになるのはしばらく先になりそうだ。

▶▶NBAファイナルまで全試合観られる! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ナゲッツ

Players

  • Nikola Jokic

Keywords

  • ニュース全般
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. ナゲッツの二コラ・ヨキッチが語る引退後の夢 「電話を持たないことが大きな目標の一つ」