ナゲッツのアーロン・ゴードンが飼い犬に噛まれ、顔と右手に裂傷を負う

デンバー・ナゲッツのアーロン・ゴードンが、クリスマスに飼い犬に噛まれて顔と利き手である右手に裂傷を負い、21針を縫ったという。ナゲッツはゴードンの状態について「いいコンディション」としているものの、チームに帯同はしていないとしている。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は関係者の話として、離脱は短期間になるだろうと報じた。 今季ゴードンは平均13.6点、6.9リバウンドを記録。クリスマスゲームとなったゴールデンステイト・ウォリアーズ戦では、16点、10リバウンドをマークしていた。 ナゲッツのマイケル・マローンHC(ヘッドコーチ)は、「とても衝撃的な経験だ。私が彼に伝えた最も重要なことは、『必要なだけ時間をかけろ』ということだ。私たちは家族だ。勝っても負けても、今アーロンが経験しているような困難な時期を経験している時もだ」と、ゴードンを慮った。 「私は彼の後ろ盾で、彼を愛し、彼のためにここにいる。彼が戻ってこられるようになったら、我々は諸手を挙げて彼を受け入れる。チームのみんなには、彼に連絡を取り、孤立させないよう手を差し伸べるようにと伝えたよ」 チームメイトであるケンテイビアス・コールドウェル・ポープは、「彼がいるとみんな元気になるんだ。彼のためにも同じことをしないとね」と、連絡を入れるつもりでいることを明かしている。

▶▶NBAファイナルまで全試合観られる! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ナゲッツ

Players

  • ケンテイビアス コールドウェル ポープ
  • Aaron Gordon

Keywords

  • 怪我
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. ナゲッツのアーロン・ゴードンが飼い犬に噛まれ、顔と右手に裂傷を負う