シクサーズのブレット・ブラウンHCが続投へ

イースタン・カンファレンスのカンファレンス・セミファイナルで敗退したフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)が、2019-20シーズンもコーチング・スタッフを続投させることを決めたようだ。 ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、シクサーズはブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)の続投を決定したとのことだ。かつてサンアントニオ・スパーズでアシスタントコーチをしていたブラウンHCは、2013年にシクサーズのヘッドコーチに就任した。その後、『The Process』という合言葉のもとで数名のドラフト上位指名選手を集めてチーム強化を進めたシクサーズは、直近の2シーズンは優勝候補の一角と呼ばれるまでに成長していた。 2シーズン連続でレギュラーシーズン50勝以上を達成し、カンファレンス・セミファイナルにチームを導いた功績を踏まえれば、ブラウンHCが続投することは当然の結果だったと言える。 コーチング・スタッフを据え置くことを決めたシクサーズの次なる課題は、選手との契約だ。シクサーズは、今夏に完全フリーエージェントになる先発フォワードのジミー・バトラーとトバイアス・ハリスの契約について頭を悩ませることになるだろう。バトラーとハリスは、今シーズン途中にトレードで獲得した選手だ。 さらに、シクサーズは3年目のベン・シモンズの契約延長も控えている。今夏に契約延長の話がまとまらなかった場合、2016年のNBAドラフト1巡目全体1位で獲得したシモンズは、2020年の夏に制限付きフリーエージェントになる。

関連タグ

チーム

  • 76ers

キーワード

  • ニュース全般
  • ブレット・ブラウンHC
  • 続投
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. シクサーズのブレット・ブラウンHCが続投へ