「自分たちのタフさを示す絶好の機会」 ウォリアーズのクレイ・トンプソンが第4戦での巻き返しを誓う

ゴールデンステイト・ウォリアーズはロサンゼルス・レイカーズとのプレイオフ・カンファレンス準決勝で、1勝2敗とリードを許している。日本時間5月7日(現地6日)にレイカーズの本拠地で行なわれた第3戦では、97-127で敗戦。しかし、ウォリアーズのクレイ・トンプソンは冷静に戦いを振り返ると同時に、次戦に向けて意気込みを示している。 「精神的にタフになる必要があるし、チームも分裂するのではなく団結しなければいけない。(第4戦が行なわれる現地)月曜日は、自分たちの実力、そして自分たちのタフさを示す絶好の機会だ」 第3戦では、第1クォーターこそ30-23とリードしたウォリアーズだったが、続く第2クォーターで18-36と圧倒された。試合全体でもFG成功率で39.6%(52.5%。カッコ内はレイカーズの成績。以下同)、3ポイント成功率で29.5%(48.4%)と大差をつけられている。 先述の通り巻き返しを誓うトンプソンは、「試合の映像をチェックして、相手を分析して、より良くなれるかは自分たち次第」とコメント。次戦に向けてウォリアーズはどのような準備をしていくのか。第4戦は9日11時から行なわれる。

▶▶熱戦続きのプレイオフ。NBA Rakutenの視聴プランをチェック!

▶▶「NBA Rakuten」、コンバースと初のコラボレーションによるオリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」を5月16日(火)に発売

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ウォリアーズ

Players

  • Klay Thompson

Keywords

  • ニュース全般
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. 「自分たちのタフさを示す絶好の機会」 ウォリアーズのクレイ・トンプソンが第4戦での巻き返しを誓う