「7戦シリーズで僕らを倒せるチームはいない」 クレイ・トンプトンが必勝3か条に挙げたのは?

昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季のプレイオフ進出こそ決まっていないが、リーグ2連覇の可能性を残している。主力のクレイ・トンプソンは、ある条件が揃えばタイトル獲得はできると考えているようだ。『NBC Sports Bayarea』のジャロッド・カスティーロ記者が伝えた。 ウォリアーズは今季、平均29.5得点を挙げているステフィン・カリーが計26試合、アンドリュー・ウィギンズが計44試合を欠場するなど怪我人に苦しみ、シーズンを通して勝率5割前後を推移してきた。 3月以降は11勝8敗でラスト1試合を残してウェスタン・カンファレンス5位(43勝38敗)。プレイオフにストレートインできるか、プレイイン・トーナメントに回るかはレギュラーシーズン最終戦に懸かる。 そのなかで、今季68試合に出場してチーム2位の平均21.9得点、3ポイント成功率41.0%を記録しているトンプソンは、リーグ優勝の可能性について言及している。 「もっとボールを大切にし、いいショットを決め、ディフェンスでコミュニケーションを取る。この3つができれば、7戦先勝シリーズで健康な僕らを倒せるチームはいないと思う。だから、実現できれば2連覇が狙えるポジションにいると思うよ」 ウォリアーズはオフェンシブ・レーティング(115.8)がミルウォーキー・バックスやフェニックス・サンズ、ロサンゼルス・クリッパーズなどを上回ってリーグ10位、フィールドゴール成功率12位タイ(47.7%)、3ポイント成功率2位タイ(38.3%)と得点面に問題はないが、ディフェンシブ・レーティング113.7はリーグ18位、1試合平均のターンオーバーはリーグワーストの16.3個と、ミスや守備での不安は拭えない。 これらを克服して、怪我人さえ続出しなければ、ウォリアーズのリーグ2連覇は現実のものとなるかもしれない。

▶▶レイカーズの八村塁やネッツの渡邊雄太らの活躍が観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA basic pass for 楽天モバイル」が無料!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ウォリアーズ

Players

  • Klay Thompson

Keywords

  • ニュース全般
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. 「7戦シリーズで僕らを倒せるチームはいない」 クレイ・トンプトンが必勝3か条に挙げたのは?