ダーク・ノビツキーがスクリメージに参加!

ダラス・マーベリックスは、今オフに若干のロスター変更を行った。彼らは、新人のルカ・ドンチッチをドラフトで指名し、フリーエージェントでセンターのディアンドレ・ジョーダンを獲得した。だが、この21年間で決して変わらないのは、ダーク・ノビツキーがマーベリックスでプレーするということだ。チームの顔とも言えるノビツキーは、オフシーズンに行った足首の手術を乗り越え、2018-19シーズンの開幕から出場できる見込みだ。 今年4月始めに左足首を手術したノビツキーは、それ以降は休養を続けていた。しかし、Dallas Morning Newsのエディー・セフコ記者によると、ノビツキーは既にチームメイトとのスクリメージ(練習試合)に参加しており、現地9月21日から始まるトレーニングキャンプにも最初から参加できる見込みだという。以下は、セフコ記者によるリポートだ。 「トレーニングキャンプが間近に迫る中、マーベリックスに大きなニュースが飛び込んできた。球団の顔とも言えるノビツキーが、チームメイトとスクリメージをしたのだ。彼がスクリメージに参加するのは、4月の手術以降で初のことだ。現地4月5日の手術後、ノビツキーはジックリと丁寧にリハビリを続けてきた。リック・カーライルHC(ヘッドコーチ)によると、NBA歴代6位の総得点を誇るノビツキーは、現地9月21日にスタートするトレーニングキャンプに最初から参加できる模様だ。ノビツキーが先発からシックスマンに降格する可能性について聞かれたカーライルHCは、『今はラインナップのことを考える時期ではないが、彼がまだリハビリの途中であることは確かだ。彼の状態は良くなっている。今日、彼は手術後初めてピックアップ・ゲームをプレーした。彼はトレーニングキャンプに最初からフルで参加できるだろう。だが、我々は彼のことをビンテージカー(骨董品のような古い車)のように丁重に扱うつもりだよ』と語っている。」 セフコ記者は、マーベリックスの選手たちが続々とダラスに集結しているとリポートしている。先日のスクリメージには、ドンチッチや、ベテラン・ガードのJJ・バレアも参加していたようだ。 マーベリックスは、ジョーダン獲得のためのサラリーの空きを作るため、今オフにノビツキーの契約オプションを一旦破棄し、その後、彼と契約を結び直している。 40歳のノビツキーは、NBAキャリア20シーズン目の昨シーズン、77試合に出場して1試合平均12得点5.7リバウンド1.6アシスト、スリーポイントシュート成功率40.9%という成績を残した。12回のNBAオールスター出場歴を誇るノビツキーは、NBA通算得点記録の歴代5位にランクしているウィルト・チェンバレンまで、あと232得点というところにまで迫っている。彼は、NBA史上6人しか成し得ていない通算3万得点以上を既に達成している。この記録を達成した外国人選手は、ノビツキーただ1人だ。今シーズン、彼は、同一球団で21シーズン連続でプレーする史上初の選手となる。

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Luka Doncic
  • Dirk Nowitzki

キーワード

  • ニュース全般
  • フリーエージェント
  • スクリメージ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ダーク・ノビツキーがスクリメージに参加!