ドレイモンド・グリーンが「すごく脆い」発言の真意を説明「何か問題が起こっているわけじゃない」

昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、日本時間2022年12月15日(現地14日)のインディアナ・ペイサーズ戦を最後にステフィン・カリーが左肩の亜脱臼で離脱しているなか、20勝20敗でウエスト8位と持ち堪えている。ビッグ3の一角を担うドレイモンド・グリーンは「アイデンティティを築き始めている」と手応えを覗かせている。 ウォリアーズはシーズン序盤に5連敗を喫するなど波に乗れず、昨年12月にも負けが込んだ。さらに、エースのカリーが左肩の亜脱臼で無期限の離脱。チーム状態の悪化が危ぶまれたが、昨年12月26日(同25日)のメンフィス・グリズリーズ戦から5連勝を飾るなど、勝率5割をキープしている。 主力の1人であるグリーンは12月22日(現地21日)のブルックリン・ネッツ戦で113-143と30点差で敗れた際、「すごく脆い」と発言したことが話題となったが、自身のポッドキャスト『The Draymond Green Show』でその真意を明かしている。 「数週間前、俺は自分たちがすごく脆いと言った。ただ、誤解しないでほしい。依然として脆いが、チーム内で何か問題が起こっているわけじゃない。これがNBAであり、素晴らしいものを構築することは、同時に壊れやすくもある。俺たちは改善に取り組んでいて、もう危機を乗り越えている」 「直近5試合ほどで、俺たちは本当の意味でアイデンティティを築き始めていると思う。すべての偉大なチームには、アイデンティティがある。練習場に足を踏み入れれば、チームがX、Y、Zを行うことが分かる。俺たちにはそれがなく、アイデンティティ構築に時間がかかっていたけど、それができ始めている」ステフィン・カリー、アンドリュー・ウィギンズ、アンドレ・イグダーラ、ジャマイカル・グリーン、ジェームズ・ワイズマン、ジョナサン・クミンガがいないなかで、それはすごく大きい」 グリーンは「今年の俺たちは率直に言って良くなかった。エキサイティングな挑戦だ。今、俺たちはチームを作り直しているところだからね」と続け、怪我人が多い中でミストリーの完成まで「あと4、5試合」と予測していた。

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ウォリアーズ

Players

  • Draymond Green

Keywords

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドレイモンド・グリーンが「すごく脆い」発言の真意を説明「何か問題が起こっているわけじゃない」