低迷するブルズ、ザック・ラビーンとデマー・デローザンのコート上の相性が原因か

11勝18敗と苦しむシカゴ・ブルズは、直近も4連敗中とトンネルを抜け出せずにいる。その要因として、ザック・ラビーンとデマー・デローザンの相性の悪さがやり玉にあがることが少なくない。『Cleaning the Glass』によると2人が同時出場した際、100ポゼッションあたりの得失点差を示すネットレーティングがチーム全体よりも2ポイント低い-3.6という統計も出ている。 コーチ陣やフロントはこの相性の悪さを認識しているものの、解決につながる方策を見いだせずにいるようだと『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者とダーネル・メイベリー記者がレポートしている。 2人によると、チームは問題解決に向けてラビーンとデローザンの1オン1を含めて複数回ミーティングを実施しているという。2人は互いにリスペクトし、良好な関係を築いているものの、互いにボールを必要とするプレイスタイルのため相性が悪く、結果にはつながっていない。さらにリーグの関係者によれば、ラビーンとチーム側とで意見の相違があるという。 チームの調子が落ちた時にはネガティブな話題が先行されがちだが、レギュラーシーズンはまだ序盤戦だ。修正する時間は十分あるだけに、2大エースがシナジーを発揮するための術を見出したいところだ。

▶▶2022/12/21 ブルズ vs ヒート戦を観る

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ブルズ

Players

  • Zach LaVine
  • DeMar DeRozan

Keywords

  • ニュース全般
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. 低迷するブルズ、ザック・ラビーンとデマー・デローザンのコート上の相性が原因か