レブロン・ジェームズがバックス撃破でビッグ3に手応え「最も補完的でベストゲームだった」

ロサンゼルス・レイカーズは、日本時間12月3日に行われたミルウォーキー・バックス戦で133-129と接戦を制し、今季9勝目(12敗)を挙げた。大黒柱のレブロン・ジェームズは、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックと組むビッグ3の出来に手応えを滲ませている。『ESPN』のデイブ・マクメナミン記者が伝えた。 イースタン・カンファレンス2位の強豪バックスとの一戦、レイカーズはデイビスが44得点(フィールドゴール18/27、3ポイント2/3、フリースロー6/7)、10リバウンド、4アシスト、ジェームズも28得点(フィールドゴール12/27、3ポイント3/6、フリースロー1/2)、8リバウンド、11アシストを記録。さらに、ベンチスタートのウェストブルックも15得点(フィールドゴール6/11、3ポイント0/2、フリースロー3/7)、7リバウンド、11アシストを挙げて、ヤニス・アデトクンボを擁するバックスを退けた。 ジェームズはこの試合、通算アシスト数でフランチャイズOBのマジック・ジョンソン(1万141本)を抜いて歴代6位に浮上。それでも、本人は「バスケットボールはチーム戦。チームが勝つためにプレイしなければいけない」と語り、それ以上にデイビス、ウェストブルックとのコンビネーションの質に充実感を覗かせた。 「今夜は、3人全員が一緒にフロアにいる最も補完的でベストゲームだったと思う。チームにリズムがあったし、ゲームを通してインパクトのあるプレイをすることができた」 レイカーズはまだウェスタン・カンファレンス12位だが、ここからさらにギアを上げていくことができるだろうか。

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • レイカーズ

Players

  • Anthony Davis
  • LeBron James
  • Russell Westbrook

Keywords

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レブロン・ジェームズがバックス撃破でビッグ3に手応え「最も補完的でベストゲームだった」