ジェフ・バウアー氏がサンズの重役に就任

ジェフ・バウアー氏がフェニックス・サンズのバスケットボール運営部門シニア・バイスプレジデントに就任したと、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者と地元ラジオ局のジョン・ガンバドーロ氏がリポートした。 バウアー氏は、NBAで11シーズンのゼネラルマネージャー経験がある。最近では、2014年から2018年までデトロイト・ピストンズのゼネラルマネージャーをしていた。それ以前は、シャーロット・ホーネッツでアシスタント・コーチ(1999年から2004年まで)、ゼネラルマネージャー(2005年から2010年まで)、コーチ(2009-10シーズンに73試合のみ)といった役職をしている。 また、バウアー氏は2013-14シーズンに大学のヘッドコーチも経験している。 ウォジナロウスキー記者によると、サンズのジェームズ・ジョーンズGM(ゼネラルマネージャー)は続投となるようだ。 サンズは、リーグ・ワースト2位の19勝63敗で2018-19シーズンを終えた。彼らは9シーズン連続でプレーオフを逃した。

関連タグ

チーム

  • サンズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジェフ・バウアー氏がサンズの重役に就任