ウィザーズの八村塁がチームトップの13点を挙げるも、昨季王者ウォリアーズが第1戦を制す【NBA Japan Games 2022】

9月30日(金)、さいたまスーパーアリーナでゴールデンステイト・ウォリアーズとワシントン・ウィザーズのプレシーズンマッチが行なわれ、96-87でウォリアーズが勝利した。 ウォリアーズは途中出場のジェームズ・ワイズマンが20点、9リバウンドを記録。そのほか、ステフィン・カリーとジョナサン・クミンガが6点、アンドリュー・ウィギンズとジョーダン・プールが5点をマークした。 対するウィザーズは、八村塁が25分プレイしてチームトップの13点、9リバウンドをマーク。そのほか、ブラッドリー・ビールとモンテ・モリスが9点、カイル・クーズマとクリスタプス・ポルジンギスが7点を挙げている。 なお、ウォリアーズはクレイ・トンプソン、ウィザーズはデニ・アブディヤが欠場した。 10月1日(土)の「NBA Japan Games Saturday Night 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」を挟んで、第2戦は同地で10月2日(日)に行なわれる。

【お知らせ】『NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN』3つのメディアで無料配信!

▶▶見どころ満載!「NBA Rakuten」オフシーズン配信予定コンテンツ一覧

▶▶「NBA Japan Games 2022」公式ホームページはこちら

Related Tags

Teams

  • ウォリアーズ
  • ウィザーズ

Keywords

  • ニュース全般
  • Japan Games特集
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズの八村塁がチームトップの13点を挙げるも、昨季王者ウォリアーズが第1戦を制す【NBA Japan Games 2022】