NBAと選手会がリーグ全体でビル・ラッセルの背番号6を永久欠番にすることを発表

日本時間8月12日(現地11日)、NBAとNBA選手会は、リーグ全体でビル・ラッセル(元ボストン・セルティックス)の背番号6を永久欠番にすると発表した。ラッセルは今月1日(同7月31日)に88歳で逝去していた。 アダム・シルバー・コミッショナーは、「ビル・ラッセルのコート上における比類なき成功と先駆的だった公民権運動は、ユニークかつ歴史的なやり方で称えるに値する。NBAのすべてのチームで彼の背番号6を永久欠番とすることにより、ビルの素晴らしいキャリアが常に認識されることになる」とコメントしている。 さらに、2022-23シーズンを通して選手はユニフォームの右肩に記念ワッペンを付け、コートでもスコアラーテーブル付近のサイドラインに、6番をフィーチャーしたクローバー型のロゴを貼り付けるという。 なお、現在6番を着用している選手はそのまま継続使用が可能だ。 1956年にセルティックスへ入団したラッセルは、NBAキャリアの13シーズンで11度優勝。1959年から1966年までは8連覇も達成した。レギュラーシーズンMVPを5度受賞し、オールスターにも12度選出。キャリア通算では平均15.1点、22.5リバウンドをマークした。1試合最多リバウンドは51本を数え、12シーズンで1000リバウンド以上を記録。通算では歴代2位のリバウンド数(21620)を誇る。引退後の1972年にチームが背番号6を永久欠番としていた。 現役中の1966年には、北米プロスポーツ史上初めて黒人のヘッドコーチに就任。コート外では公民権運動にも積極的に取り組み、2010年には大統領自由勲章を授与されている。

▶▶見どころ満載!「NBA Rakuten」オフシーズン配信予定コンテンツ一覧

▶▶「NBA Japan Games 2022」公式ホームページはこちら

Related Tags

Keywords

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAと選手会がリーグ全体でビル・ラッセルの背番号6を永久欠番にすることを発表