カイリー・アービング、チーム離脱期間にネッツとレイカーズがトレード交渉していた事実を米記者が指摘

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは今季、新型コロナウイルスのワクチン未接種により、チーム離脱や欠場、アウェーゲームのみの出場を余儀なくされた。自宅で過ごす日々に、自身の将来を不安に感じていたと振り返っていたが、その間にネッツとロサンゼルス・レイカーズはトレード交渉の場を持っていたという。『SNY』のイアン・ベグリー記者が伝えた。 NBA11年目、ネッツ所属3年目となった今季、アービングはケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン(現フィラデルフィア・76ers)とのビッグ3を中心とした“スーパーチーム”でリーグ優勝を目指すはずだった。しかし、新型コロナウイルスのワクチン未接種で拠点を置くニューヨーク市での公式戦に出場できず、チームからも離脱。アウェーゲーム限定の“パートタイム・プレイヤー”としての合流が認められたのは、今年1月に入ってからだった。 日本時間3月9日(現地8日)のシャーロット・ホーネッツ戦で50得点、3月16日(同15日)のオーランド・マジック戦では今季リーグ最多タイの60得点を記録。3月下旬にはニューヨーク市のワクチン接種ルールの緩和によってホームゲーム出場が可能となり、最終的にレギュラーシーズン29試合に出場してキャリアハイタイ平均27.4得点、5.8アシスト、3ポイント成功率41.8%の成績を残した。 プレイオフ1回戦で姿を消したアービングは、デュラントが立ち上げたスポーツメディア『Boardroom』の番組『The ETCs』に出演した際、「家でただ座って、自分の将来はどうなるんだと思っていた。トレードされるのか、別のチームに加わる機会を得るのか、考えるなかでも、なんとかポジティブに捉えようとしていた」と語っていた。 ベグリー記者によれば、その間にネッツはレイカーズとトレード交渉の場を持っていたという。 「ネッツはその期間、アービングのトレードに関してほかのチームと話し合いの場を持っていた。レイカーズの複数の関係者は、アービング獲得に関して議論をしていた。実現していれば、レブロン・ジェームズとアービングが(クリーブランド・キャバリアーズ時代以来の)再会していたことになる。アービングの件がレイカーズ内部で合意に至っていたかは不明だ。ただ、それはもう、今では重要ではない。ネッツはリーグタイトルを狙っており、今夏にアービングと契約延長、あるいは新契約のサインをしなかったら驚くだろう」 アービングのレイカーズ入りは幻に終わったが、今オフにプレイヤーオプションとなるアービングには、どのような未来が待ち受けているのだろうか。

▶▶「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット先行販売(抽選)に参加できるLEAGUE PASS(シーズンが)9900円に!

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カイリー・アービング、チーム離脱期間にネッツとレイカーズがトレード交渉していた事実を米記者が指摘