今季躍進のキャバリアーズに地元記者がリッキー・ルビオの”呼び戻し”を提唱

今季のサプライズチームの一つがクリーブランド・キャバリアーズだ。イースト9位の44勝38敗を挙げ、プレイイン・トーナメントにも進出。ダリアス・ガーランド、ジャレット・アレン、エバン・モーブリーら若手の躍進やベテランのケビン・ラブなどの奮闘もあり、来季のさらなる飛躍が期待されている。 そんななか、地元紙『Cleveland Plain Dealer』のクリス・フェドー記者は飛躍のキーマンとして、2月にトレードでインディアナ・ペイサーズに放出したリッキー・ルビオを呼び戻すべきと提言している。 「控えPGの穴は、リッキー・ルビオ、デロン・ライト(アトランタ・ホークス)、タイアス・ジョーンズ(メンフィス・グリズリーズ)など安定感のあるベテランで埋めるべき。とりわけルビオはチームとの関係性もあるので、復帰の可能性は高い。ある情報筋は『十分考えられること』と述べていた」 ルビオは序盤戦のキャバリアーズをリードする存在だったが、昨年末に左膝前十字靭帯を断裂。その後2月にキャリス・ルバートらとのトレードでペイサーズに移籍していた。そしてルビオは今季終了後、無制限のFAとなる。 ルビオはガーランドとの相性も良く、同時出場時に100ポゼッションあたりのスコアは+16.1を記録していた。もちろん、控えPGとしても十分活躍が見込めるだろう。順調に行けば開幕に間に合う可能性はあるが、ACLという大怪我だけに後ろ倒しになることも考えられる。はたしてルビオとキャバリアーズは、オフにどのような判断を下すだろうか。

▶▶「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット先行販売(抽選)に参加できるLEAGUE PASS(シーズンが)9900円に!

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ
  • ペイサーズ

選手

  • Ricky Rubio

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 今季躍進のキャバリアーズに地元記者がリッキー・ルビオの”呼び戻し”を提唱