ジョエル・エンビード、右手親指に靭帯損傷の疑いもラプターズとのプレイオフ1回戦第4戦に強行出場へ

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(以下76ers)のジョエル・エンビードは、右手親指に靭帯損傷の疑いがあるなか、日本時間4月24日(同23日)に行われるプレイオフ1回戦第4戦に強行出場するという。『ESPN』のラモーナ・シェルバーン記者とエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が伝えた。 レギュラーシーズンで68試合に出場してリーグトップの平均30.6得点、11.7リバウンドと大活躍したエンビード。トロント・ラプターズとのプレイオフ1回戦でも第1戦こそ19得点だったが、その後は31得点、33得点と調子を上げ、チームも3連勝でシリーズ突破に王手をかけている。 ただ、エンビードは第3戦の途中に右手親指を負傷し、試合後には痛めた箇所を保護しており、「何が起こったのか正確には分からない。捻ったかもしれない」と様子見の状態であることを語っていた。 レポートによれば、エンビードは右手親指に強い痛みがあり、靭帯の損傷があるか、MRI検査を受ける可能性があるという。ただ、4月23日(同22日)の練習には右手の親指にラップを巻いて参加し、翌24日(同23日)のシリーズ第4戦にもプレーする予定だという。 76ersがポストシーズンを勝ち上がるうえで、大黒柱エンビードの存在は不可欠だけに、状態が気にかかるところだ。

▶▶「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット先行販売(抽選)に参加できるLEAGUE PASS(シーズンが)9900円に!

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Joel Embiid

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジョエル・エンビード、右手親指に靭帯損傷の疑いもラプターズとのプレイオフ1回戦第4戦に強行出場へ