左足負傷で離脱中のステフィン・カリー、レギュラーシーズン残り5試合の欠場が決定

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、左足の靭帯を痛めて離脱しているが、レギュラーシーズン残り5試合も欠場することになった。 カリーは日本時間3月17日(同16日)のボストン・セルティックス戦、第2クォーター残り4分19秒にルーズボールを争った際、飛び込んできた相手のマーカス・スマートと衝突し、左足を負傷。わずか3得点(フィールドゴール1/4、3ポイント1/4)でコートをあとにしていた。 MRI検査の結果、左足靭帯の挫傷と診断。ウォリアーズは3月19日(同18日)、2週間後に改めて検査を受けて状態を判断するとしていたが、4月2日(同1日)のリリースによれば、すでに7試合を欠場しているカリーは、レギュラーシーズンの残り5試合もコートには立たないという。 ウェイトルームとプールで調整したのち、リハビリはウォーキングブーツを外しての次段階へ入っており、来週にはコートでの個別練習を行う予定。レギュラーシーズン全試合を終え、4月12日(同11日)に状態のアップデート情報が発表されるという。 今季リーグ12位の平均25.5得点を挙げているカリーを欠き、ウォリアーズは3月17日のセルティックス戦以降1勝7敗と急降下。それでも、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、チーム、そしてカリー自身もプレイオフ開始時には戦列に戻れると確信しているようだ。 スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、「レギュラーシーズンの終わりに1、2試合プレイできることを望んでいたが、期待は薄かった。これが現実で、彼に関してはあまり心配していない」と、理想的な状況ではないものの、エースへの信頼は揺らがないとしている。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 左足負傷で離脱中のステフィン・カリー、レギュラーシーズン残り5試合の欠場が決定