離脱中のクリス・ポールは復帰プロセスに注力 サンズのウィリアムズHCが“本音”「すぐにでも戻ってほしい」

フェニックス・サンズのクリス・ポールは、右手親指の剥離骨折により、オールスターゲーム以降は欠場が続いている。チームを率いるモンティ・ウィリアムズHC(ヘッドコーチ)は、ベテラン司令塔が復帰に向けてギアを上げていると明かした。『アリゾナ・リパブリック』のデジュアン・ランキン記者が伝えている。 ポールは今季58試合に先発出場し、平均33.0分間プレイして14.9点、4.5リバウンド、リーグ1位の10.7アシストをマークしていたが、日本時間2月17日(現地16日)のヒューストン・ロケッツ戦で右手親指を負傷。剥離骨折のため、6~8週間離脱すると発表された。 ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)が病欠したチーム・レブロンが、人手不足になっていたこともあり、オールスターゲームには出場したが、以降の公式戦は欠場。サンズ自体、ポール欠場の間も9勝4敗と踏みとどまり、リーグ最高勝率(57勝14敗)、ウェスタン・カンファレンス1位をキープしてすでにプレイオフ進出が決定している。 当然、今季の目標は、NBAファイナルで涙をのんだ昨季を上回るリーグ優勝。そのためにはポールの力は不可欠で、いかに良い状態でポストシーズンに臨めるかが鍵を握る。 ウィリアムズHCはポールの回復状況に関する最新情報はないが、復帰を目指していっそう努力していると明かしたうえで、「すぐにでも戻ってほしい」と本音も口にしていた。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • サンズ

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  • モンティ・ウィリアムズHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 離脱中のクリス・ポールは復帰プロセスに注力 サンズのウィリアムズHCが“本音”「すぐにでも戻ってほしい」