ケビン・ラブがシックスマンとして成功した理由をキャバリアーズOBが指摘

クリーブランド・キャバリアーズは現在、36勝26敗でイースタン・カンファレンス6位と4シーズンぶりのプレイオフ進出も現実味を帯びている。そのなかで、いぶし銀の働きを見せているのがベテランのケビン・ラブだ。フランチャイズOBも、その犠牲心を高く評価している。『アクロン・ビーコン・ジャーナル』のマルラ・リドナー記者が伝えた。 ラブはレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)と同じく、2014-15シーズンにキャバリアーズに加入。カイリー・アービング(現ブルックリン・ネッツ)を含めてビッグ3で、2016年にはフランチャイズ初のリーグ優勝を果たした。 その後、アービング、ジェームズとチームを去り、2018-19シーズンからは低迷が続いていたキャバリアーズ。しかし、今季は平均20.5得点を挙げているダリアス・ガーランド、平均16.3得点、11.0リバウンドとインサイドを支えるジャレット・アレン、新人でスターターの座を守り続けているエバン・モーブリーを中心に躍進を見せており、それを陰で支えているのがラブだ。 フランチャイズOBでもあるチャニング・フライは、ラブがシックスマンとして成功(平均14.0得点、7.1リバウンド、3ポイント成功率38.8%)を収められたのは、リッキー・ルビオがいたからだと分析する。昨年末に左膝前十字靭帯を断裂して今季絶望となり、今年2月にインディアナ・ペイサーズへトレードとなったが、一緒にプレイした26試合は好連携を披露。「リッキー・ルビオとケビン・ラブの関係性は、ケビンを今の場所に押し上げた」と語っている。 また、フライはラブから「ベンチから出場する違いは何ですか?」とシックスマンとしての心得に関して電話があったと明かす。 「試合に出るまでにゲームを見れる。最初の3~4つのプレイで内容が良ければ、最大35分間の出場時間を得る。悪ければ24分になる。でも、いずれにしてもチームを助けるチャンスを手にできる、と彼には言ったよ。エバン・モーブリーやアイザック・オコロはスペースが必要だから、君はそこにはいれない。でも、ベンチから出てきたら、彼らを落ち着かせて、違うリズムでプレイするのを助けることはできる」 「彼がJB(ビッカースタッフHC)やコリン・セクストン、ダリアス・ガーランド、ジャレット・アレンを信頼してなかったら、そうはしていなかっただろう。心のゆとりがあり、優れたリーダーとして進化した。ケビンは私が対戦した中でベストのパワーフォワードの1人だ」 NBA14年目、オールスターにも5回出場しているベテランだが、チームのために尽くすラブの姿勢は、キャバリアーズの大きな力になっている。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • Kevin Love

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ケビン・ラブがシックスマンとして成功した理由をキャバリアーズOBが指摘