2枚看板が長期離脱のクリッパーズ、ノーマン・パウエル&ロバート・コビントン獲得でブレイザーズとトレード合意

2021-22シーズンのトレードデッドラインが日本時間2月11日(現地10日)に迫るなか、ロサンゼルス・クリッパーズとポートランド・トレイルブレイザーズがトレードに合意したと、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が伝えている。 クリッパーズはノーマン・パウエルとロバート・コビントンをブレイザーズから獲得。代わりに、エリック・ブレッドソー、ジャスティス・ウィンズロー、キーオン・ジョンソン、2025年のドラフト2巡目指名権(デトロイト・ピストンズ経由)を放出するという。 クリッパーズは現在、27勝27敗でウェスタン・カンファレンス8位。ポール・ジョージが右肘の内側側副靭帯断裂で昨年12月下旬から欠場が続き、昨夏に右膝前十字靭帯の修復手術を受けたカワイ・レナードは今季全休の可能性も浮上している。 NBA7年目のスウィングマンであるパウエルは、今季40試合に出場して平均18.7得点、3ポイント成功率40.6%を記録。コビントンも攻撃では潤滑油、守備ではストッパーとして貢献するコンボフォワードで、主力2人の穴埋めが期待される。このトレードで、クリッパーズのタックス支払額は1900万ドル(約21億9000万円)増加するという。 一方、ブレイザーズが獲得した32歳のブレッドソーは2022-23シーズンの契約が部分保証、ウィンズローは来季終了後に無制限FA(フリーエージェント)、ジョンソンも年俸200万ドル(約2億3000万円)台と比較的安価の契約。ウォジナロウスキー記者によれば、ブレイザーズはこのトレードでラグジュアリータックスの基準値を下回ることになるという。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

体重を絞り好調のルカ・ドンチッチ、チームの連敗を止められるか【2/5(土)午後12時 76ers対マーベリックス】

NBAオールスターゲームの控え選手が発表 日本時間2月11日にチーム分けドラフトを実施

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ
  • クリッパーズ

選手

  • Justise Winslow
  • Eric Bledsoe
  • Robert Covington
  • Norman Powell

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 2枚看板が長期離脱のクリッパーズ、ノーマン・パウエル&ロバート・コビントン獲得でブレイザーズとトレード合意