ケビン・ラブが新人ビッグマンのエバン・モーブリーを称賛「フィジカルコンタクトを恐れない」

クリーブランド・キャバリアーズは主力選手に大怪我が相次ぐなかでも、イースタン・カンファレンス5位(27勝19敗)と4年ぶりのプレイオフ進出に向けて好位置をキープしている。ベテランのケビン・ラブは、ルーキーながらスタメンを張るエバン・モーブリーに一目置いている。 開幕2連敗スタートのキャブズだったが、11月下旬から調子を上げ、コリン・セクストンとリッキー・ルビオが今季絶望の怪我を負ったなかでも、ブルックリン・ネッツ、シカゴ・ブルズ、マイアミ・ヒート、ミルウォーキー・バックスに食らいついている。 今季はラウリ・マルカネン、ジャレット・アレン、新人モーブリーがフロントコートのスタメンを務め、ベテランのラブはシックスマンとして平均14.0得点、7.1リバウンド、3ポイント成功率40.3%といぶし銀の働きを見せている。 一方、平均15.0得点、7.8リバウンド、1.7ブロックを挙げているドラフト3位指名のモーブリーは、ルーキーの中で得点3位、リバウンド2位、ブロック1位と新人王の有力候補。最初の20試合で史上5人目となる50アシスト、30ブロック以上を記録し、将来の最優秀守備選手賞も獲れるポテンシャルを秘めるとも目されている。 熟練のラブも、元NBA選手のJJ・レディックがホストを務めるポッドキャスト『The Old Man and the Three』でモーブリーを称賛している。 「彼は3ポイントを撃てるポテンシャルがある。守備面で見ても、サイズがあり、すべてができる。足を動かし、1番(ポイントガード)から5番(センター)まで守れる。しっかりとマッチアップして、相手を打ち負かしたいと思っている。フィジカルコンタクトを恐れない点は、本当に驚かせられた。立ち向かっていくことに恐怖心を覚えないんだ」 キャブズが2017-18シーズン以来のプレイオフ進出を果たすうえで、モーブリーの働きは必要不可欠となるのは間違いない。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

【お知らせ】1月22日配信のラプターズ対ウィザーズ戦、TEAM PASSとBASIC PASSへ見逃し配信のご案内

ステフィン・カリーが決勝ブザービーターで復調の兆し カーHCも信頼「次は入るという信念でやっている」

ニコラ・ヨキッチがMVPレースで今季初のトップ 史上13人目の2年連続受賞に向けて加速

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • Kevin Love
  • エバン モーブリー

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ケビン・ラブが新人ビッグマンのエバン・モーブリーを称賛「フィジカルコンタクトを恐れない」