「身の引き締まる思い」 ウォリアーズのスティーブ・カーHCがアメリカ代表の新指揮官に就任

日本時間12月21日(現地20日)、USAバスケットボールは2022年から2024年の男子アメリカ代表のコーチングスタッフを発表し、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)を指揮官に任命したと発表した。ゴンザガ大のマーク・フューHC、マイアミ・ヒートのエリック・スポールストラHC、フェニックス・サンズのモンティ・ウィリアムズHCがアシスタントコーチとして、カーHCを支える。 カーHCは、「アメリカ代表チームのヘッドコーチとして国を代表することを大変光栄に思うと同時に、身の引き締まる思いでいます。スリリングな機会で、挑戦できることに興奮しています。また、エリック・スポールストラ、モンティ・ウイリアムズ、マーク・フューという私が尊敬する3人のコーチと一緒に仕事ができることに、大きな喜びを感じています」とのコメントを発表している。 昨夏の東京五輪でカーHCは、2016年から男子代表チームを率いてきたグレッグ・ポポビッチHC(サンアントニオ・スパーズ)のアシスタントコーチを務め、4大会連続の金メダル獲得の一端を担っていた。 今後カーHCは、2022~2024年に行なわれるすべてのトレーニングキャンプに参加するとともに、2023年8月末から日本、フィリピン、ンドネシアで開催される予定のFIBAワールドカップ(予選通過の場合)、2024年7月末からフランス・パリで開催予定のオリンピックで指揮を執ることになる。 アメリカ代表は、オリンピックで4大会連続金メダルを獲得し(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ、2020年東京)、FIBAワールドカップでは過去3大会中2大会で優勝している(2010年トルコ、2014年スペイン)。 アメリカ代表のチームマネージングディレクターを務める元NBA選手のグラント・ヒルは、「カーHCが今後3年間、代表チームを率いる理想的な候補者であることは、バスケットボール関係者の誰もが認めるところだろう」とコメントしている。

【プレゼント】ステフィン・カリーへの応援コメントを書き込んでサイン入りジャージーを当てよう!

【八村塁直筆サイン入りグッズが当たる】『NBA 2K22』の特別動画を観てウィザーズ対ネッツ戦の勝者を予想しよう!

「まだやれることがたくさんある気がしている」 ニックスのケンバ・ウォーカーが約3週間ぶりの出場で29点を挙げる

ウルブズのカール・アンソニー・タウンズが攻守での“無双”に自信「誰も僕を守れない」

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • スティーブ・カーHC
  • アメリカ代表
  • エリック・スポールストラHC
  • モンティ・ウィリアムズHC
  • USAバスケットボール
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「身の引き締まる思い」 ウォリアーズのスティーブ・カーHCがアメリカ代表の新指揮官に就任