「まだやれることがたくさんある気がしている」 ニックスのケンバ・ウォーカーが約3週間ぶりの出場で29点を挙げる

日本時間12月19日(現地18日)に行なわれたボストン・セルティックス戦で、ニューヨーク・ニックスのケンバ・ウォーカーが約3週間ぶりに試合へ出場した。ウォーカーは11月27日(同26日)のフェニックス・サンズ戦を最後にローテーションから外れていたものの、チームは新型コロナウイルスの安全衛生プロトコル入りした選手が続出。そこで久々にコートに立ったウォーカーは、37分で29点を叩き出して見せた。 とりわけ第3クォーターでは、29点中17点を集中させる大活躍。試合後も、「自分がプレイすべきだってことは分かっているからね。最高の気分さ」と語っている。 トム・シボドーHC(ヘッドコーチ)はウォーカーについて「本当に良かった」と振り返ったものの、安全衛生プロトコル入りしている選手らが戻ってきても継続してウォーカーを起用し続けるかは疑わしい。セルティックス戦後も、「(ウォーカーのローテーション入りについては)様子を見る。すべてを総合的に判断しなければならい」と、慎重な姿勢を見せている。 ウォーカーはこの数週間はシボドーHCとあまり話せていないと認める一方で、何よりもチームを優先する姿勢を崩していない。「どんな状況であれしっかりと準備しておく。チームが自分に求めているものが何であれ、僕はチームのために備えるつもりだ」と前向きに語る。 「プレイしたいんだ。この先どうなるかは分からない。でも、まだやれることがたくさんあるような気がしている」 当面は安全衛生プロトコルの影響もあり、ウォーカーには一定の出番が与えられるはずだ。その間に結果を残し続けることで、シボドーHCの考えを改めることはできるか。

【プレゼント】ステフィン・カリーへの応援コメントを書き込んでサイン入りジャージーを当てよう!

【八村塁直筆サイン入りグッズが当たる】『NBA 2K22』の特別動画を観てウィザーズ対ネッツ戦の勝者を予想しよう!

【無料】ニックス対セルティックス:ハイライト

マブズコーチがルカ・ドンチッチとレブロン・ジェームズを比較「2人とも早くして勝者」

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • ニックス

選手

  • Kemba Walker

キーワード

  • ニュース全般
  • トム・シボドーHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「まだやれることがたくさんある気がしている」 ニックスのケンバ・ウォーカーが約3週間ぶりの出場で29点を挙げる