ウルブズのカール・アンソニー・タウンズが攻守での“無双”に自信「誰も僕を守れない」

ミネソタ・ティンバーウルブズは12月に5連敗を喫していたが、直近3試合で3連勝を飾り、14勝15敗と勝率5割まであと「1」とした。7年目を迎えた大黒柱のカール・アンソニー・タウンズは、リーグ屈指のセンターとして再び地位を固めつつある。 ウルブズは日本時間12月13日(現地12日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で連敗を「5」でストップ。続く16日(同15日)のデンバー・ナゲッツ戦では、昨季リーグMVPに輝いた万能センターのニコラ・ヨキッチ相手に、タウンズが32得点を挙げる活躍を見せて勝利した。 7年目のタウンズは今季28試合に出場して平均24.4得点、9.0リバウンド、3.4アシスト、1.1スティール、1.1ブロックをマーク。リーグで唯一、平均20得点、フィールドゴール成功率50%、3ポイント成功率40%以上を記録している。 『The Athletic』のジョン・クラフチェンスキ記者は、自信に満ちたタウンズのコメントを紹介している。 「僕は攻撃、守備の両方で良いプレイができている。長年やってきたベストを尽くしているし、誰も僕を守れないと感じている。正しいプレイをして、ゲームをシンプルに保たなければいけないと思ってコートに立っている。僕を倒せるのは僕自身だけだ」 ウルブズのクリス・フィンチHC(ヘッドコーチ)は、「彼の今季開幕前の目標は、リーグ最高のビッグマンとしての地位を再確立することだったと思う」と語り、エースのタウンズに絶大の信頼を寄せている。 チームには2年目のアンソニー・エドワーズ、中堅のディアンジェロ・ラッセルがいるが、ウルブズが2017-18シーズン以来のプレイオフ進出を果たすには、タウンズの奮起が不可欠だ。

【プレゼント】ステフィン・カリーへの応援コメントを書き込んでサイン入りジャージーを当てよう!

【八村塁直筆サイン入りグッズが当たる】『NBA 2K22』の特別動画を観てウィザーズ対ネッツ戦の勝者を予想しよう!

ブレイザーズのデイミアン・リラードが“周囲の目”に不満「敬意を払っていないのにイライラしている」

マブズコーチがルカ・ドンチッチとレブロン・ジェームズを比較「2人とも早くして勝者」

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ

選手

  • Karl-Anthony Towns

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウルブズのカール・アンソニー・タウンズが攻守での“無双”に自信「誰も僕を守れない」