ザイオン・ウィリアムソンが右足骨折の回復遅れでリハビリ後退 「トレーニング量と強度を当面の間減らす」

ニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンは、オフに骨折した右足の影響で今季まだ1試合も出場していない。チームは日本時間12月12日(現地11日)最新の回復状況を発表し、リハビリに制限が入ることを明かした。 3年目を迎えたウィリアムソンは、オフのトレーニングで右足を骨折し、開幕に出遅れた。11月下旬に5対5のメニューが許可され、12月2日にフルメニューを消化予定だったが、足に痛みが出て回避。リハビリも停滞が続いていた。 ペリカンズは12月12日、「右足に痛みを感じたあと、ザイオン・ウィリアムソンは第5中足骨の治癒が遅れている診断を受けた。それにより、トレーニングの量と強度を当面の間減らし、骨の治癒にあてる。必要に応じて情報はアップデートする」と発表した。 『AP通信』のブレット・マーテル記者によれば、ペリカンズのウィリー・グリーンHC(ヘッドコーチ)は「辛抱強くなることが重要だ」と話しているという。 2019年ドラフト全体1位指名のウィリアムソンは、ルーキーイヤーは右膝半月板損傷により、24試合の出場止まり。2年目の昨季は61試合でコートに立ち、平均27.0得点、7.2リバウンド、フィールドゴール成功率61.1%の成績を残し、オールスターにも初選出されていた。 2勝14敗スタートだったペリカンズは、その後6勝6敗と少しずつ盛り返しつつあるが、ウィリアムソンの復帰延期が痛手なのは間違いないだろう。

【プレゼント】ステフィン・カリーへの応援コメントを書き込んでサイン入りジャージーを当てよう!

第6回MVPレース、ジャズのルディ・ゴベアが変動なしのトップ5に肉薄 名手カリーは4週連続1位

ウォリアーズ指揮官スティーブ・カーがアメリカ代表次期HC就任へ 23年W杯、24年パリ五輪を指揮予定

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ザイオン・ウィリアムソンが右足骨折の回復遅れでリハビリ後退 「トレーニング量と強度を当面の間減らす」