ブルズのデリック・ジョーンズJr.が安全衛生プロトコル入り チームでは5人目

日本時間12月10日(現地9日)、シカゴ・ブルズのデリック・ジョーンズJr.はリーグが定める安全衛生プロトコル入りしたようだ。新型コロナウイルスに関する離脱はチーム5人目となる。 ブルズではジョーンズJr.を含め、直近9日間でデマー・デローザン、マット・トーマス、コービー・ホワイト、ジャボンテ・グリーンらがプロトコル入り。選手は最低10日間、または24時間以内にPCR検査で2度の陰性反応が出るまで隔離された状態で過ごす必要がある。なお、チームが確認した陽性者はホワイトとグリーンのみだったようだ。 ブルズは先の5人に加えて、パトリック・ウィリアムズ(手首)とアレックス・カルーソ(ハムストリング)を故障で欠いている。そのため、リーグが定める特例により16人目の選手となるスタンリー・ジョンソンと10日間契約を結んでいる。ジョンソンはトレーニングキャンプにブルズの一員として参加していた選手で、12日(同11日)のマイアミ・ヒート戦から合流予定だ。 相次ぐ選手の離脱に苦しい舵取りを強いられているビリー・ドノバンHC(ヘッドコーチ)だが、チームが試合を延期する可能性はないと語っている。 「そのような話は聞いていない。肝心な事は、チームで何かが起こり複数の選手が試合に出られなくなった場合、他にチームを機能させられる選手が揃っているかということだと思う。リーグにとって最も重要なことは、すべての選手の健康と安全だろう。リーグや医療機関に求められていることを、選手たちはよく守ってきた。確かにプロトコル入りする選手は急増しているが、リーグを一定期間閉鎖するような事態になりそうとは聞いていない」 主力の離脱は間違いなく痛手だが、これまで出番の少なかった選手たちにとっては自分をアピールする絶好の機会でもある。ピンチをチャンスに変えて見事羽ばたく選手は現れるだろうか。

【プレゼント】ステフィン・カリーへの応援コメントを書き込んでサイン入りジャージーを当てよう!

NBAオールスター2022のファン投票受付がクリスマスゲーム当日からスタート

「ちょっと休みすぎたかな」 マーベリックスのルカ・ドンチッチがコンディショニングの問題を認める

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • ブルズ

選手

  • Derrick Jones Jr.

キーワード

  • ニュース全般
  • ビリー・ドノバン
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブルズのデリック・ジョーンズJr.が安全衛生プロトコル入り チームでは5人目