「ちょっと休みすぎたかな」 マーベリックスのルカ・ドンチッチがコンディショニングの問題を認める

日本時間12月8日(現地7日)時点で、ダラス・マーベリックスは11勝12敗と負け越している。チームの大黒柱であるルカ・ドンチッチは19試合に出場して平均25.5点、7.9リバウンド、8.5アシストとオールラウンドに活躍しているが、周囲は現状のパフォーマンスに納得がいっていないようだ。 とりわけメディアが注視しているのがコンディショニングで、99-102で敗れたブルックリン・ネッツ戦の中継では、しきりに体重の話題が上がっていたほど。アナリストで元インディアナ・ペイサーズのレジー・ミラーは、「もっとスリムにならないと」と指摘している。 そんななか、ドンチッチはネッツ戦後に「コンディショニングについてみんな話題にするだろう。もっといい状態にしないといけないと思っている」と明かした。 ドンチッチがリーグに登録している体重は104.3kgだが、トレーニングキャンプには2年連続で117.9㎏という状態で姿を現していたという。昨夏はNBAのプレイオフで敗退して間もなく母国スロベニア代表として東京オリンピックを戦うなど、一見慌ただしい夏を過ごしたと思いきや、そこから3週間あったオフではゆっくり過ごしたようだ。「オリンピックがあって、3週間休んで、少しリラックスしたんだけどちょっと休みすぎたかな。気を取り直して頑張らないとね」と語っている。 今季欠場した4試合はすべて全敗しているように、マーベリックスにとってドンチッチは不可欠な選手だ。また、単に体重が増えているだけでなく、左足首の痛みや左足親指の捻挫など故障も抱えている。ドンチッチは「まだ痛みがあるけど、プレイするようにしている」とも語っている。 すでに超一流のスタッツを残しているドンチッチだが、怪我を含めたコンディショニングの問題がクリアになった暁には、さらなる凄みを見せてくれるに違いない。

【プレゼント】ステフィン・カリーへの応援コメントを書き込んでサイン入りジャージーを当てよう!

NBAオールスター2022のファン投票受付がクリスマスゲーム当日からスタート

ブレイザーズがベン・シモンズ獲得に動くか デイミアン・リラードが共闘を望んでいると現地記者がレポート

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Luka Doncic

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「ちょっと休みすぎたかな」 マーベリックスのルカ・ドンチッチがコンディショニングの問題を認める