「いつも真似していた選手の1人」 ネッツのケビン・デュラントが得点ランキングで憧れのアレン・アイバーソンを抜き歴代25位に

日本時間11月25日(現地24日)、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントがキャリア通算得点でアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・76ersほか/2万4368点)の記録を抜き、歴代25位に浮上した。この日、TDガーデンで行なわれたボストン・セルティックス戦に出場したデュラントは、第1クォーター早々にプルアップジャンパーを沈めアイバーソン超え。トータル21点をマークし、試合終了時には2万4388点まで得点を積み重ねた。 今季のデュラントはリーグ2位の平均28.1点を記録している。このペースを維持できれば、あと5試合程度で歴代24位のレイ・アレン(元ボストン・セルティックスほか/2万4505点)、そこからあと10~15試合程度でパトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか/2万4815点)の記録を抜くことになる。 ワシントンDCで育ったデュラントにとって、近郊にキャンパスがあったジョージタウン大でプレイしていたアイバーソンは幼少期のヒーローだった。記録を抜いた試合後、「アイバーソンは僕にとってパンテオン(すべての神々)のような存在だった。いつも真似していた選手の1人さ。彼を追い越すことができて、偉大な選手たちと同じリストに加わることができるなんて信じられないよ。このまま続けていかないとね」と喜びを語っている。 通算得点ランキングは以下の通り。 1位:カリーム・アブドゥル・ジャバー(元ロサンゼルス・レイカーズほか/3万8387点) 2位:カール・マローン(元ユタ・ジャズほか/3万6928点) 3位:レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ/3万5588点) 4位:コービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ/3万3643点) 5位:マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか/3万2292点) 6位:ダーク・ノビツキー(元ダラス・マーベリックス/3万1560点) 7位:ウィルト・チェンバレン(元ロサンゼルス・レイカーズほか/3万1419点) 8位:シャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか/2万8596点) 9位:カーメロ・アンソニー(ロサンゼルス・レイカーズ/2万7670点) 10位:モーゼス・マローン(元ヒューストン・ロケッツほか/2万7409点) 11位:エルビン・ヘイズ(元ワシントン・ブレッツほか/2万7313点) 12位:アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか/2万6946点) 13位:オスカー・ロバートソン(元シンシナティ・ロイヤルズほか/2万6710点) 14位:ドミニク・ウィルキンス(元アトランタ・ホークスほか/2万6668点) 15位:ティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ/2万6496点) 16位:ポール・ピアース(元ボストン・セルティックスほか/2万6397点) 17位:ジョン・ハブリチェック(元ボストン・セルティックス/2万6395点) 18位:ケビン・ガーネット(元ミネソタ・ティンバーウルブズほか/2万6071点) 19位:ビンス・カーター(元トロント・ラプターズほか/2万5728点) 20位:アレックス・イングリッシュ(元デンバー・ナゲッツほか/2万5613点) 21位:レジー・ミラー(元インディアナ・ペイサーズ/2万5279点) 22位:ジェリー・ウェスト(元ロサンゼルス・レイカーズ/2万5192点) 23位:パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか/2万4815点) 24位:レイ・アレン(元ボストン・セルティックスほか/2万4505点) 25位:ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ/2万4388点) 26位:アレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・76ersほか/2万4368点)

「すべての瞬間を楽しんだ」 ラプターズの渡邊雄太が古巣グリズリーズ戦で今季初出場

「なぜそんなことをする必要があるんだ?」 マーベリックスのオーナーがクリスタプス・ポルジンギスのトレードを否定

不幸中の幸い? レブロン・ジェームズの出場停止でレイカーズのラグジュアリータックスが減額へ

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kevin Durant

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「いつも真似していた選手の1人」 ネッツのケビン・デュラントが得点ランキングで憧れのアレン・アイバーソンを抜き歴代25位に