先の見えないベン・シモンズに選手会執行役員イグダーラが見解「稼ぐ金額が多いほど、人間であることから多くを奪われる」

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のベン・シモンズは、メンタルヘルスに問題を抱えていると言われ、2021-22シーズンの開幕から約1か月、未だ1試合もプレイしていない。4年総額1億4700万ドル(約167億7000万円)の高額契約を結んでいることもあって非難の声も少なくなく、NBA選手会の執行委員会のメンバーであるアンドレ・イグダーラ(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)はそれがプレッシャーになっている可能性を指摘している。 オフからトレードの噂が飛び交っていたシモンズは、新天地が決まらぬままキャンプ、そしてシーズンに突入。チームドクターとの面談を3度拒否したことでシクサーズが日本時間11月5日(現地4日)のデトロイト・ピストンズ戦から再び罰金を科し始め、代理人のリッチ・ポールは非難の声を上げるなど、終着点は見えていない。 25歳とまだ発展途上の年齢で、シーズン全休の可能性もあるなか、『The Athletic』のサム・アミック記者は、NBA選手会の執行委員会で副会長ファーストを務めるイグダーラを直撃。シモンズの件に関する見解を聞いている。 「誰のメンタルヘルスについても話すことはできない。仕方がない。しかし、高すぎる年俸は関与してくる。稼ぐ金額が多ければ多いほど、僕たちが人間であることから多くを奪っていくんだ」 代理人のリッチ・ポールは、「トレード云々は関係なく、ベンが精神的な強さを取り戻し、コートに戻れる場所を見つけることが大事だ。シクサーズのユニフォームだろうと、ほかのチームのユニフォームだろうと、私はベンをコート上でプレイさせてほしい。彼が復帰できるように尽くしたい」と、シモンズ復帰に尽力する意向を示しているが、果たしてシーズン中に再びプレイする姿を見れるのだろうか。

アクセントカラーが抜群にオシャレ「TEAM LOGO FLEECE」【NBA Style最新作】

トレイ・ヤングvsラメロ・ボール、「どちらが優れたパサーか」の質問にNBA記者の回答は?

第4回MVPレース、ステフィン・カリーがデュラントをかわして今季初のトップに浮上

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ
  • 76ers

選手

  • Andre Iguodala
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 先の見えないベン・シモンズに選手会執行役員イグダーラが見解「稼ぐ金額が多いほど、人間であることから多くを奪われる」