ウォリアーズのクレイ・トンプソンが5対5の練習に参加 指揮官も「いい報告を受けている」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、怪我で離脱していたクレイ・トンプソンについて5対5の練習に参加できるようになったとコメントした。トンプソンは遠征中のチームに帯同せずトレーニングに励んでいるという。 日本時間11月17日(現地16日)に敵地で行なわれたブルックリン・ネッツ戦後、カーHCは「ジェームズ(ワイズマン)はまだ5対5の許可が下りていないが、クレイはプレイした。良い報告を受けているし、この調子で続けなくてはいけない。2年間の欠場から戻るには、多くの努力が不可欠だ。リハビリだけでなく、持久力や体力も必要となる。5対5の練習ができたのは素晴らしいことだが、だからと言って来週にもNBAのコートに立てるというものではない。でも、リハビリはとても順調に進んでいるね」と語っている。 トンプソンは2019年のNBAファイナル第6戦で左膝前十字靭帯を断裂。その後順調に回復していた中、昨季開幕前のワークアウト中に右足アキレス腱を断裂する不運に見舞われた。 キャリア通算では平均19.5点、3.5リバウンド、2.3アシスト、3ポイント成功率41.3%を記録。1シーズンに230本以上の3ポイントを決めたシーズンが4度もある。今季ウォリアーズは“スプラッシュ・ブラザーズ”の相棒ステフィン・カリーの活躍もあり、リーグ首位を快走している。そこにトンプソンが加われば、チームの勢いはさらに増すに違いない。

【11月17日(水)スタート】「NBA Rakuten」で『NBA Action』を配信

NBAが2022年にアブダビでプレシーズン戦を実施か

バックスのヤニス・アデトクンボが『GQ』選出の年間最優秀アスリートに

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Klay Thompson

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズのクレイ・トンプソンが5対5の練習に参加 指揮官も「いい報告を受けている」