『SLAM DUNK』作者の井上雄彦氏も応援 ”ゴミ拾い×ピックアップゲーム” 「PICK UP PLAYGROUND」プロジェクト始動

⼀般社団法⼈ピックアッププレイグラウンドは、誰もが参加できる”ゴミ拾い×ピックアップゲーム”「PICK UP PLAYGROUND」プロジェクトを開始した。 「PICK UP PLAYGROUND」は公園にバスケットボールコートがあり続ける、また⽇本中に増えていくという未来のために⾏なわれるイベントで、老若男女問わずピックアップゲームを実施し、終わった後に参加者全員でゴミ拾いを行なうイベントだ。 イベントを通して顔見知りが増え、⽇常的な公園の利⽤の中でも会話が⽣まれ、ひいてはコミュニティが育まれていく。コミュニティによってコートには⾃治が⽣まれ、そのコートの利⽤のルールが利⽤者のモラルによって作られている、という未来を描いているという。 『スラムダンク』の作者井上雄彦氏もこの活動を応援しており、「バスケはもっと私たちの⽣活の近くにあっていいと思っていたところ、『PICK UP PLAYGROUND』のお話を聞き、その考え⽅に深く共感しました。ところで『PUP』のロゴには、『スラムダンク』の⾚い髪の天才..がちらっと⾒えています。この活動を、あまり出しゃばることなくそっと後押ししていきたいという、私の気持ちの表れだと思っていただければ幸いです」とメッセージを贈っている。 第一弾として、11⽉20⽇(⼟)に 代々⽊公園バスケットボールコートでイベントを開催する。詳細は下記を参照。 ■イベント概要 ⽇時︓2021年11⽉20⽇(⼟)※⾬天中⽌ PICK UP GAME1︓11時~13時 PICK UP GAME2︓14時~16時 場所︓代々⽊公園バスケットボールコート 参加⼈数︓各回100名上限 ※応募者多数の場合は抽選となります。 参加費︓ 無料 イベント内容︓年齢、性別、国籍、カテゴリ問わず誰でも参加できるピックアップゲームと公園のゴミ拾いイベント。 参加⽅法︓ 以下応募フォームより抽選応募。応募締め切りは11⽉16⽇(⽕)23:59

▶▶応募フォームはこちら

▶▶「PICK UP PLAYGROUND」公式サイト


開幕から欠場続くウィザーズの八村塁、2週間以内にチーム合流か

史上最年長で50点、10アシストのステフィン・カリーにスティーブ・カーHCが脱帽「人生で最高の状態にある」

キャバリアーズのコリン・セクストンが半月板を断裂 長期離脱の可能性も

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 『SLAM DUNK』作者の井上雄彦氏も応援 ”ゴミ拾い×ピックアップゲーム” 「PICK UP PLAYGROUND」プロジェクト始動