ホークスのトレイ・ヤングが1万5000ドルの罰金処分に

日本時間10月30日(現地29日)、バイロン・スプリューエルNBAプレジデントはアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングに1万5000ドルの罰金処分を科したと発表した。 罰金と対象となった出来事は、29日(同28日)にキャピタルワン・アリーナで行なわれたワシントン・ウィザーズ戦の第2クォーター残り6分41秒に起こった。オフバランス気味の状態でシュートを放ったヤングは、着地後バックコートへ戻る際にレフェリーと接触。この行為に罰金が科された。なお、コンタクト自体は決してひどいものではなかったが、試合でもテクニカルファウルがコールされていた。 試合後、ヤングは「ミスコールが多すぎる」と不満を述べている。

不振のレイカーズ、ライバル球団幹部が“共存問題”に見解「全員が健康ならシーズンを通して苦労する」

ジェイレン・ブラウン、コロナウイルス感染の後遺症を明かす「1試合で3試合プレイしたような気分」

【コメント募集】LEAGUE PASS加入&コメントでNIKEジャージーやクーポンが抽選で当たる!【NBA創設75周年キャンペーン】

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

チーム

  • ホークス

選手

  • Trae Young

キーワード

  • ニュース全般
  • 罰金
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホークスのトレイ・ヤングが1万5000ドルの罰金処分に