セルティックスのマーカス・スマートが飛行機に乗り遅れ、プレシーズン最終戦に出場できず

ボストン・セルティックスは日本時間10月16日(現地15日)に、敵地でマイアミ・ヒートとのプレシーズン最終戦を行なう。しかし、主力の1人であるマーカス・スマートは、チームの規約を破ったとして出場停止処分を科された。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じている。 スマートは14日(同13日)に行なわれたオーランド・マジック戦前、フロリダ行きの飛行機に乗り遅れてしまったというのだ。マイアミでの練習を終えたスマートは、「このことは内密にするつもりだ。もう終わったことで、MSGでの試合に興奮しているよ」と、21日(同20日)に控えるニューヨーク・ニックス戦に期待を膨らませていた。 セルティックスは先日のマジック戦、新型コロナウイルスの陽性反応が出たジェイレン・ブラウンとアル・ホーフォードが不在だった上、スマート、ジェイソン・テイタム、デニス・シュルーダー、ジョシュ・リチャードソンといった主力組を休ませていた。そのため、開幕前最後のプレシーズン戦となるヒート戦では、主力を開幕以降に近い時間プレイさせるつもりでいたという。しかし、スマートは自分のミスでその機会を失ってしまったのだ。 イメイ・ユドカHC(ヘッドコーチ)は、「彼は反省している。マーカスには高い基準を課しているんだ。(自分の就任)初日からそれを明確にしているから、明日の夜は当然出場させない。チームのルールと原則を守って、ここから前進することを楽しみにしている」と語っている。 スマートは昨季、平均得点(13.1)、アシスト(5.7)、出場時間(32.9)でキャリアハイの数字を残し、オフには4年総額7700万ドルの延長契約を結んでいた。 飛行機に乗り遅れた理由は明らかになっていないが、ユドカHCは「我々がリーダーとして期待する1人」とスマートに信頼を寄せていることを明かしている。昨季までのチームメイトで同じポジションのケンバ・ウォーカーとのマッチアップが見込まれる開幕戦で、指揮官の期待に応える活躍を披露できるか。

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ポートランド・トレイルブレイザーズ

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:フェニックス・サンズ

デビットカードで「NBA Rakuten」のお支払いが可能!

「観る理由がある」NBAの2021-22シーズンを「NBA Rakuten」で!

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Marcus Smart

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスのマーカス・スマートが飛行機に乗り遅れ、プレシーズン最終戦に出場できず