「プライバシーを守って欲しい」 ZOOMでメディアデー参加のカイリー・アービングが訴える

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングが、リモートでメディアデーに参加した。新型コロナウイルスのワクチン接種に関する質問が飛び交う中、接種の有無については明確な回答を避けると同時に、プライバシーを守って欲しいと訴えている。 「君の質問には感謝している。正直に言うと、そのようなことを秘密にしておきたいんだ。この世界にいると、自分の周囲で何が起こっているのか多くの疑問が湧くだろう。でも自分はそれを公にはせず、チームと一緒に適切な方法で対処し、計画を立てて一緒に進んでいきたいと思っている。今日はその場に立ち会えないけど、だからといって将来チームへの参加に制限をかけているわけではない。自分はただこうしておきたいだけなんだ。この件については口外しない。もし、このことについて他に質問があっても回答は同じだ。自分はこのことを秘密にしておきたいんだ。自分のプライバシーを尊重してほしい」 その後も同様の質問がされたが、「プライバシーを尊重してほしい。次の質問」、「繰り返しになるが、自分はすべてのことを秘密にしておきたいと思っているんだ。どうかプライバシーを尊重してほしい。すべては時期を見て、この問題が解決された後に発表する。ホームゲームや予防接種などに関して、プライバシーを尊重してほしい。お願いだ」と、回答を拒んだ。 無論、プレイに対する熱意はあるようで、「過去数年の自分より多くのことを成し遂げたい。チームメイトといても、自分の力不足を感じていた。集中力を極限まで高める必要があると思っている。自分が望むのは、騒がれたりドラマを作ることじゃない。神を第一に考えつつ、最善を尽くしている」と答えている。 なお、この日のメディアデーはネッツのホームであるバークレイズ・センターで行なわれたが、アービングはニューヨーク市が定める新型コロナウイルスのプロトコルによりリモートでの参加となっていた。 アービング、チーム、ファンが安心して新シーズンの開幕を迎えられる解決策はあるのだろうか。

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:デンバー・ナゲッツ

ネッツのカイリー・アービング、秘密結社暗躍の陰謀説を主張する反ワクチン派アカウントをフォロー&「いいね!」で波紋

サンズのデビン・ブッカーが健康・安全プロトコルによりトレーニングキャンプ序盤を欠席

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「プライバシーを守って欲しい」 ZOOMでメディアデー参加のカイリー・アービングが訴える