ネッツGMがカイリー・アービング&ジェームズ・ハーデンとの契約延長交渉に自信「非常に前向きな会話をした」

ブルックリン・ネッツにはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデンの超強力ビッグ3が存在する。すでにエースのデュラントは契約延長にサインしており、残り2人との交渉も順調だとショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)が明かした。 ネッツは昨季デュラントとアービングのデュオ体制でシーズンをスタートさせ、今年1月に電撃トレードでヒューストン・ロケッツからハーデンを獲得。それぞれが故障もあり、レギュラーシーズンでの3人揃い踏みは8試合しかなかったが、48勝24敗でイースタン・カンファレンスの第2シードを手にする快進撃を見せた。プレイオフはカンファレンス準決勝でミルウォーキー・バックスに敗れたが、来たる新シーズンこそはリーグ優勝を目指す。 東京五輪にアメリカ代表の一員として参加したエースのデュラントは、日本時間8月7日(現地6日)に4年総額1億9800万ドル(約217億5000円)で契約延長に合意。すでに正式サインしており、新シーズン終了後にプレイヤーオプションを破棄して無制限FA(フリーエージェント)になる可能性があるアービングとハーデンの動向が注目される。マークスGMは22日(同21日)の記者会見で、交渉の状況について語った。 「我々は2人と非常に前向きな会話をした。どんな関係であるかにかかわらず、直接交渉を行うことが大事だと思う。これから2週間にわたって、彼らと膝を突き合わせ、さらに議論を進めていくことを楽しみにしている。近い将来、ここ(ブルックリン)で特別なことを成し遂げるチャンスがあると思う。彼ら(デュラント、アービング、ハーデン)はコラボレーションし、一緒にチームを構築していきたい事実がある。スティーブ(ナッシュHC)や私、オーナー、そして彼らとの交渉を楽しみにしている」 アービングは4年最大1億8160万ドル(約200億円)、ハーデンは4年最大1億6110万ドル(約177億円)で契約延長が可能だが、ネッツのビッグ3は今後数年にわたってリーグを席巻することになるだろうか。

デビットカードで「NBA Rakuten」のお支払いが可能!

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ブルックリン・ネッツ

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ボストン・セルティックス

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving
  • Kevin Durant
  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツGMがカイリー・アービング&ジェームズ・ハーデンとの契約延長交渉に自信「非常に前向きな会話をした」