76ersのドック・リバースHCがベン・シモンズの引き留めを示唆「考えを変えることができると願っている」

フィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)のベン・シモンズは、チームに移籍希望を伝えたとされている。しかし、ドック・リバースHC(ヘッドコーチ)は司令塔の引き留めを望んでいることを明かした。 シモンズはジョエル・エンビードとコンビを組み、チームの中心を支えてきた。ポイントフォワードを務められるゲームメイク力とパスセンス、スティール王やオールディフェンシブ1stチームに輝くほどの守備と現代屈指のオールラウンダーと言っていい。一方で、ジャンパーや外角のシュートを苦手とし、意図的にファウルをしてフリースローを撃たせる“ハック・ア・シモンズ”の標的にされることもあった。 今夏は絶え間なくトレードの噂が飛び交い、本人もチームに移籍希望の意思を表明。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、来週からのトレーニングキャンプには参加せず、チームの一員として再びプレイすることはないと説明したという。 そのなかで、リバースHCは同局の番組『Keyshawn, JWill & Max Show』に出演した際、「その考えを変えることができると願っている。それが我々の仕事だ」と引き留めを示唆した。 昨季のカンファレンス準決勝で敗退後、リバースHCは、シモンズがポイントガードでは勝てるかどうか分からないと発言したとされていた。しかし、「それは私が実際に言ったことではない」と否定している。それと同時に、シモンズがいかに評価されるべき選手かについても見解を述べた。 「作り話だ。これが我々の仕事を難しくしている。ベンとのわだかまりはない。彼はとても多くのことをしている。(守備職人の)ベン・ウォーレス、彼が殿堂入りするのを観るのは素晴らしかった。世界のデニス・ロッドマンは、チームがタイトルを獲得し、偉大なスコアラーでなくとも殿堂入りするのを後押しするだろう」 「ベンは本来、これまでしてきた以上に多くの得点を挙げられるだろうが、それだけではなく、ほかのこともすべてできるのが彼を素晴らしい存在にしている。彼が周囲にオープンショットを与え、身体能力やスピードでディフェンスにプレッシャーを与えているか忘れている。まだ取り組むべきことはあるが、我々は彼と一緒に絶対に勝つことができる」 シクサーズは新シーズン、シモンズとともにリーグ優勝を目指すことになるのだろうか。

デビットカードで「NBA Rakuten」のお支払いが可能!

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ブルックリン・ネッツ

【2021-22シーズン】全30チームプレビュー:ボストン・セルティックス

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  • ドック・リバースHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 76ersのドック・リバースHCがベン・シモンズの引き留めを示唆「考えを変えることができると願っている」