ジョン・ウォールは移籍先模索もあと1年はロケッツの一員? 来夏のバイアウトを米記者が予想

ヒューストン・ロケッツと司令塔ジョン・ウォールは、双方合意の上で移籍先を探しているとされる。しかし、ウォールは今後2年で9170万ドル(約101億円)の高額契約が残るためにトレードが容易ではなく、シーズン終了後まで待ってからバイアウトになる可能性を、『ESPN』のティム・マクマホン記者が指摘している。 ウォールはラッセル・ウェストブルック(現ロサンゼルス・レイカーズ)とのトレードで、2020年12月にワシントン・ウィザーズからロケッツへ移籍。2019年2月に自宅で左アキレス腱を断裂し、リハビリのために2019-20シーズンを全休していたものの、復活した昨季は40試合に出場して、平均20.6点、3.2リバウンド、6.9アシスト、1.1スティールを記録した。 ただ、ジェームズ・ハーデン(現ブルックリン・ネッツ)が開幕直後にチームを去ったことで、昨季ロケッツは17勝55敗と低迷。特にラスト53試合では7勝しか挙げられず、本格的な再建に舵を切ることになった。双方合意の上でウォールの移籍先を探しており、ロケッツも現時点でのバイアウトは考えていないとされるが、高額契約ゆえに交渉も簡単にはいかないだろう。 マクマホン記者はポッドキャスト『The Lowe Post』に出演した際、バイアウトの“Xデー”は来たる新シーズン終了後だと推測している。 「私の予想では、バイアウトは来夏に行われる。ロケッツは今、バイアウトの議論をしたくない。ジョン・ウォールもそれを望んでいない。もし、今年(バイアウトに)合意にするなら、彼は多額のお金を返さないといけない。ブレイク・グリフィンがデトロイトからFA(フリーエージェント)になるために返した1330万ドル(約14億6000万円)よりはるかに高くなるだろう。現段階で、理にかなっている取引があると言うのは難しい。ジョン・ウォールは今年プレイしたのち、別のチームへ行くと思う」 ウォールにとっても、ロケッツにとっても、2021-22シーズンは我慢の1年になるかもしれない。

デビットカードで「NBA Rakuten」のお支払いが可能!

“スーパーチーム風潮”の発端はレブロン・ジェームズとJJ・レディックが主張 「選手が主導権を持つ時代を始動させた」

【NBA Style最新作】これからの季節にぴったりのアイテムが続々登場!「AUTUMN COLLECTION」

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • John Wall

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジョン・ウォールは移籍先模索もあと1年はロケッツの一員? 来夏のバイアウトを米記者が予想