ステフィン・カリーが同僚ドレイモンド・グリーンを“パスマスター”と称賛「一緒にプレイした中で最も賢い選手」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、ディフェンスに定評のある選手として知られている。しかし、チームの攻撃はグリーンを起点とした形も多く、絶対的エースのステフィン・カリーもそのパス能力を絶賛している。 2012年のドラフト2巡目35位指名でNBA入りしたグリーンは、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が就任した14-15シーズンからスタメンに定着。平均得点を2桁に乗せるとともに、アシスト数も大幅に伸ばし、5年連続ファイナル進出、リーグ優勝3回の立役者の1人となった。 2017年にスティール王(平均2.0本)と最優秀守備選手賞を受賞、オールディフェンシブ1stチームも3年連続を含む計4回選出とその守備力はリーグ屈指だが、グリーンを語るうえで忘れてはいけないのが非凡なパスセンスだ。 ラインナップ上のポイントガードはカリーながら、ポイントフォワードとしてパスの中継役を担い、状況に応じてピック&ロールを繰り出すなど、ゲームメイクをソツなくこなす。昨季はラッセル・ウェストブルック(ロサンゼルス・レイカーズ)、ジェームズ・ハーデン(ブルックリン・ネッツ)、トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)、クリス・ポール(フェニックス・サンズ)という錚々たるガード陣に次いでリーグ5位の平均8.9アシストを記録した。 そんな熟練オールラウンダーのグリーンをカリーが称賛したコメントを、ウォリアーズ公式ツイッターが紹介している。 「彼は今まで一緒にプレイした中で、最も賢いバスケットボール選手だ。パスの角度、スピード、タイミング、何でも遂行できる。彼はパスマスターなんだ」 優勝した当時、チームにはカリー、クレイ・トンプソン、そしてケビン・デュラント(2016~19年在籍/現ネッツ)がいたが、ウォリアーズが黄金時代を築くうえでグリーンが不可欠だったのは言うまでもない。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry
  • Draymond Green

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ステフィン・カリーが同僚ドレイモンド・グリーンを“パスマスター”と称賛「一緒にプレイした中で最も賢い選手」