「ウェストブルックが受賞するべきだった」オスカー・ロバートソンが昨季のMVPレースに異論を唱える

NBAレジェンドで現役時代に史上初のシーズン・トリプルダブルを達成したオスカー・ロバートソン(元シンシナティ・ロイヤルズほか)が、昨季のMVPはラッセル・ウェストブルック(当時ワシントン・ウィザーズ、現ロサンゼルス・レイカーズ)が受賞するべきだったと主張している。 昨季ウェストブルックは65試合に出場し、平均22.2点、11.5リバウンド、11.7アシストとシーズン・トリプルダブルを記録。しかも、ウェストブルックがこの偉業を達成したのは直近5シーズンで4度目だった。しかし、昨季のMVP投票では3位票が1票しか投じられず(5ポイント)。デンバー・ナゲッツの二コラ・ヨキッチが計971ポイントを獲得し、MVPに輝いていた。 元NBA選手のダリアス・マイルズとクエンティン・リチャードソンが運営するポッドキャスト番組『The Knuckleheads』に出演したロバートソンは、「ウェストブルックは今年もシーズン・トリプルダブルを達成したのに、誰もそれに気づきもせず、それほど大きなことだと思われていなかった。まったくもって不当なことだよ。彼はもう一度MVPに選ばれるべきだったと思う。もし彼が再びシーズン・トリプルダブルを達成してもMVPを受賞しないのなら、だったらどうしてスタッツを記録しているんだ?」と語った。 ウェストブルックは初めてシーズン・トリプルダブルを達成した2016-17シーズンこそMVPを獲得したものの、その後はMVPから離れたところにいる。個人スタッツは申し分ないものの、チームを優勝争いまで押し上げられなかったことが投票者に対するアピールとして弱かったと見る向きも少なくない。 なお、ロバートソンがシーズン・トリプルダブルを達成した1961-62シーズン、MVP投票ではビル・ラッセル(当時ボストン・セルティックス)、ウィルト・チェンバレン(当時フィラデルフィア・ウォリアーズ)に次ぐ3位にとどまっている。シーズン・トリプルダブルを達成する難しさをウェストブルック以外で唯一知る人物で、自身にそうした過去があったからこそ、一言言わずにはいられなかったのかもしれない。

【今週のクラシックゲーム】Vol.4 アイザイア・トーマス(元デトロイト・ピストンズ)

「少なくとも現時点ではない」ブレイザーズのデイミアン・リラードが移籍の噂について言及

NBA選手会がストリートの“聖地”ラッカー・パークにあるコートの改修に協力

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Russell Westbrook

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「ウェストブルックが受賞するべきだった」オスカー・ロバートソンが昨季のMVPレースに異論を唱える