パトリック・ベバリーが今オフ2度目のトレードか リーダーシップを買われてウルブズへ

先日、トレードでロサンゼルス・クリッパーズからメンフィス・グリズリーズへ移籍したばかりのパトリック・ベバリーが、今度はミネソタ・ティンバーウルブズへトレードされると『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じている。交換相手はジャレット・カルバーとフアンチョ・エルナンゴメスになるという。 ウルブズはビバリーのタフさとリーダーシップを評価しているようで、若手の多いロスターを束ねる役割が期待されている。また、バスケットボール運営代表を務めるガーソン・ロサスがヒューストン・ロケッツ在籍時にビバリーと共闘した経験があることも、今回の獲得を後押ししたとされている。 33歳のベバリーは持ち前のディフェンス力とハッスルプレイによって、過去4シーズン在籍したクリッパーズではファンから愛された選手だった。しかし昨季は怪我の影響もあり、37試合の出場にとどまっていた。また、プレイオフではフェニックス・サンズのクリス・ポールを突き飛ばし、1試合の出場停止処分を科されている。 ベバリーの交換相手とされる2人は、カルバーが22歳、エルナンゴメスが25歳と若く、さらなる飛躍が期待されている。しかしロスターにはすでに多くの選手がいるため、開幕までに人員整理がなされるかもしれない。

NBAが2021-22シーズンの開幕戦とクリスマスゲームのカードを発表

マーカス・スマートがセルティックスと4年7700万ドルで延長契約か チームメイトのジェイソン・テイタムも祝福

ペリカンズが制限付きFAのジョシュ・ハートと3年3800万ドルで契約 昨季は平均8リバウンドを記録

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ
  • グリズリーズ

選手

  • フアンチョ エルナンゴメス
  • Patrick Beverley
  • ジャレット カルバー

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. パトリック・ベバリーが今オフ2度目のトレードか リーダーシップを買われてウルブズへ