ラルフ・ローラー氏の最後の放送でビル・ウォルトン氏が解説を務めることが決定

今シーズン限りでの引退を表明しているロサンゼルス・クリッパーズの名物実況者のラルフ・ローラー氏が、最後の放送となる現地4月10日の試合でビル・ウォルトン氏と共に実況解説を務めることが分かった。 ウォルトン氏は、40年に渡りテレビ実況を務めたローラー氏の友人だ。かつて、2人は一緒に実況解説を担当していたこともある。 この試合のハーフタイムに、クリッパーズはローラー氏の功績を讃えることを計画している。この日は、クリッパーズの選手たちは、ローラー氏への感謝の言葉が刻まれたシューティング・シャツを着用するほか、ステイプルズセンターのフロアに追加されるローラー氏ロゴマークもお披露目される。 また、この試合に訪れるファンにはローラー氏のボブルヘッド人形が配布される。このボブルヘッドには、ボタンを押すと「Oh me, oh my」をはじめとするローラー氏の名ゼリフの数々がランダムで聴ける機能が付いているとのことだ。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラルフ・ローラー氏の最後の放送でビル・ウォルトン氏が解説を務めることが決定