「こんなのゴミだ!」ネッツのカイリー・アービングが自身の最新シグネチャーシューズに怒り

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、ナイキからシグネチャーシューズを与えられている数少ない選手の1人である。このほど、最新モデル『カイリー8』のリーク画像がSNSに出回っているのだが、アービングはこの最新作に相当な怒りを抱いているようだ。 アービングは自身のSNSで、「今度リリースされる『カイリー8』について、自分はデザインやマーケティングに何も関わっていない」と明かした上で、自分が想定しない形でシューズが世に出ることをファンに謝っている。 「これはゴミだ! 自分とは絶対に関係のない1足だ。ナイキは自分が何を言おうとも、自分の許可なくこのシューズをリリースする予定のようだ。だから、自分のモデルを好きでいてくれるスニーカーヘッズや『KAI11』ブランドを真にサポートしてくれるみんなに、先に謝っておく」 なお『ブルームバーグ』によると、アービングのリクエストに対して、ナイキはコメントを発表していないという。 アービングはNBAデビューした2011年にナイキと契約し、2014年に初のシグネチャーシューズがリリースされた。以降、順調な売れ行きを示しており、昨年末にナイキの経営陣は「『レブロン18』や『カイリー7』はよく売れている」とコメントしていた。 本人がまったく関与しないなかでシグネチャーシューズが制作されるのは驚きだ。このような状況でもしリーク画像通りの『カイリー8』がリリースされた場合、前作同様にファンの心を捉えることができるのだろうか。

数字で見るNBAドラフト2021【7月30日開催】

マイク・ダントーニがネッツのアシスタントコーチを辞任 ヘッドコーチ復帰を目指す

ペリカンズのジャクソン・ヘイズが逮捕 自宅で警察官と口論か

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「こんなのゴミだ!」ネッツのカイリー・アービングが自身の最新シグネチャーシューズに怒り