「彼のバスケIQは桁外れだった」元NBA王者の守備職人ブルース・ボウエンが語る“最も守るのが大変だった選手”とは

7月3日、NBAはクイン・クック(今季途中までクリーブランド・キャバリアーズでプレイ)、ブルース・ボウエン(元サンアントニオ・スパーズほか)、レフェリーのモンティ・マカッチェンが参加した「NBAチャンピオン・バーチャル・ミート&グリート」を実施した。 このイベントには、日本、中国、ブラジル、南アフリカ、フィリピン、モンゴル、マレーシア、台湾から計13名のNBAファンが参加。日本からは、NBAグッズを多数扱うRakuten SPORTS ZONE(楽天スポーツゾーン)でNBAグッズを税込5000円以上を購入したLEAGUE PASSユーザーでキャンペーンにエントリーされた方の中から、抽選で参加者を決定している。 イベントでは参加者が3人に直接質問できるコーナーもあり、現役時代にリーグ最高峰のディフェンダーとして名を馳せたボウエンには「最も守るのが大変だった選手は?」という質問が寄せられた。ボウエンが名前を挙げたのは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とコービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)という、いずれ劣らぬ3人の名選手だった。 ジョーダンについては試合に対する知識を挙げた。「彼のバスケットボールIQは桁外れだった。ディフェンダーが何をしようとしているかを理解していたし、相手がどんなゲームをしているのか、どんなディフェンスをしているのかを研究した最初の1人だと思っている」とコメントしている。 また、ブライアントについては「コービーはMJを見ていろんなことを学び、努力し続けた」、ジェームズについては「MJやコービーのようにすべてのツールを備えていたわけではなかったが、ポイントガードとしてのメンタリティがあった」と振り返った。 今季28年ぶりにファイナル進出を成し遂げたフェニックス・サンズに関する質問では、「チームの特徴は若手のプレイにあると思っている。モンティ・ウィリアムズHC(ヘッドコーチ)は、この若い文化の中で素晴らしい仕事をしている」とコメント。クリス・ポールについても、「36歳の彼が未だに高いレベルでプレイできているのは、考え方が成熟しているから」と見解を述べた。

「実際には僕が彼らを置いて行ったのさ(笑)」クイン・クックがイベントで“バス乗り遅れ事件”の真相を語る

「こんなのゴミだ!」ネッツのカイリー・アービングが自身の最新シグネチャーシューズに怒り

マイク・ダントーニがネッツのアシスタントコーチを辞任 ヘッドコーチ復帰を目指す

関連タグ

チーム

  • スパーズ
  • サンズ

選手

  • Chris Paul
  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  • マイケル・ジョーダン
  • コービー・ブライアント
  • ブルース・ボウエン
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「彼のバスケIQは桁外れだった」元NBA王者の守備職人ブルース・ボウエンが語る“最も守るのが大変だった選手”とは