ウォリアーズがブラッドリー・ビールのトレード獲得に本腰か カリー、トンプソン、グリーンはチームに補強要求

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)のトレード獲得が噂されている。ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンの“ビッグ3”も、フロントに対して優勝を目指せるチーム作りを求めているという。『The Athletic』のマーカス・トンプソン二世記者が伝えている。 2014-15シーズンから5年連続でNBAファイナル進出、優勝3回を果たしたウォリアーズだが、直近2シーズンはトンプソンが全休だった影響もあり、プレイオフ進出に手が届かなかった。 アンドリュー・ウィギンズ、今年のドラフト指名権(全体7位、14位)などを駒とし、様々なトレードの噂が飛び交っており、その一つがリーグ優勝を渇望しているビールだ。ビールはウィザーズに忠誠心を誓っており、トレードを要求しているわけではないが、トンプソン記者は、ウォリアーズが交換条件に新人ジェームズ・ワイズマンを含めることで現実味を帯びる可能性を指摘している。 「情報筋によれば、ウォリアーズはビールを加えるために、ロースターを崩すことを望んでいないという。もし、ウォリアーズがジェームズ・ワイズマンをキープしつつビールを獲得することができれば、最高のシナリオだろう。将来の有望株を手元に置きながら、今勝ちたいという願望を和らげる。ただ、ワシントンはワイズマンを望んでいると考えられている。カリー、トンプソン、グリーンは経営陣にチャンピオンシップ追求に集中することを望んでいるという。ウォリアーズは二つのドラフトロッタリーピックを使っても、即戦力獲得を検討することもできる」 カリー、トンプソン、ビールとスコアラートリオが完成することになれば、王座奪還を目指すウォリアーズの目玉となりそうだ。

【7/24(土)から】「NBA Rakuten」で八村塁&渡邊雄太の2020-21シーズンベストゲームを配信

ジャズのドノバン・ミッチェルは「出世を続ける戦士」 成長を支える競争力と闘争心

名手オスカー・ロバートソンがヤニス・アデトクンボの“唯一の対抗馬”にアンソニー・デイビスを推奨

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Bradley Beal

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズがブラッドリー・ビールのトレード獲得に本腰か カリー、トンプソン、グリーンはチームに補強要求