クレイ・トンプソン、右足アキレス腱断裂からの復活に手ごたえ「リハビリはすごく順調」「大きな前進」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、左ひざ前十字靭帯断裂、右足アキレス腱断裂と2年連続で大怪我に見舞われ、2019年6月のNBAファイナルを最後に公式戦でプレイしていない。2021-22シーズンでの完全復活を期すなか、本人はコンディションの良さに手ごたえを感じているようだ。『NBC Sports Bay Area』のアリ・サナワラ記者が伝えた。 トンプソンはステフィン・カリーとともに“スプラッシュ・ブラザーズ”を形成し、高精度のアウトサイドシュートで猛威を振るってきた。しかし、2019年のNBAファイナル第6戦で左ひざ前十字靭帯を断裂して19-20シーズンを全休。今季の完全復活を目指していたが、開幕前のワークアウト中に右足アキレス腱断裂の大怪我を負い、再びリハビリを余儀なくされた。 31歳となったトンプソンは2年間出場がないなかで復活に再び挑戦するが、インスタグラムのライブ配信で、自身の状態の良さに触れている。 「リハビリはすごく順調さ。今日も充実した1日を過ごした。大きな前進だ。ジャンパーも撃ったし、コートを駆け回れるのは良い気分だ」 トンプソンは6月中旬、「できれば、来シーズンの序盤に戻りたい」と語った一方、ウォリアーズのボブ・マイヤーズGM(ゼネラルマネージャー)は「(復帰が)10月のシーズン初戦になるとは思わない。サンクスギビング(11月25日)? クリスマス? 12月の可能性が高いだろうが、いつかは分からない」と慎重な姿勢は崩さなかった。 2年連続でシーズンを棒に振っているだけに、トンプソンにはコートで元気にプレイする姿を見せてもらいたいところだ。

クリッパーズのパトリック・ベバリー、クリス・ポール突き飛ばしでNBAから処分 来季初戦は出場停止

マブズがカワイ・レナード獲りへ 若き大黒柱ルカ・ドンチッチとの強力デュオ結成を画策

セルティックス、主力ジェイレン・ブラウンも放出候補? トレードを検討すべき大物2人を米有力記者が列挙

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Klay Thompson

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クレイ・トンプソン、右足アキレス腱断裂からの復活に手ごたえ「リハビリはすごく順調」「大きな前進」