サンズのクリス・ポールがプレイオフ自己最多の41得点 後半だけで31得点を記録

日本時間7月1日(現地6月30日)、フェニックス・サンズのクリス・ポールが、ロサンゼルス・クリッパーズとのウェスタン・カンファレンス決勝第6戦で、プレイオフ自己最多得点に並ぶ41得点、8アシスト、3スティールを記録した。 試合は終始サンズがペースを握る展開となった。66-57で前半を折り返すと、後半はポールが31得点と爆発。第4クォーターでは33-20とクリッパーズを引き離し、最終的に130-103で勝利。シリーズ4勝目を飾ったサンズが、1993年以来のNBAファイナル進出を決めた。 ポールは試合直後のインタビューで「『クリス・ポールがファイナル進出』という言葉を聞いた感想は?」と質問されると、「いい響きだ。これまですごく努力をしてきた。自分にとっては新しいチームだったけど、全員が最後までやり遂げた。最高の気分だ」と、自身初のファイナル進出に歓喜した。 『ESPN Stats & Info』によれば、ポールが挙げた41得点は36歳以上の選手では、2000年にカール・マローン(当時ユタ・ジャズ)がマークした50得点に次ぐ、プレイオフ史上2位の記録。また、過去25年間でシリーズ突破を決めた試合の後半に30得点以上記録した史上3人目の選手となった。ほか2人はステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)とアンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ)。 サンズではポールのほかに、デビン・ブッカーが22得点、7リバウンド、ジェイ・クラウダーが19得点、5リバウンド、ディアンドレ・エイトンが16得点、17リバウンド、2ブロックを記録し、勝利に貢献した。 敗れたクリッパーズはマーカス・モリスが26得点、9リバウンド、ポール・ジョージが21得点、9リバウンド、レジー・ジャクソンが13得点、8アシスト、2スティール、デマーカス・カズンズが12得点、パトリック・べバリーが11得点をマークしかし、FG成功率56.4%と効率よく得点したサンズに対し、成功率41.8%とシュートの精度を欠いた。なお、カワイ・レナードとイビツァ・ズバッツは怪我で欠場している。 サンズはイースタン・カンファレンス決勝を戦うミルウォーキー・バックスとアトランタ・ホークスのいずれかと、NBAファイナルで激突する。

馬場雄大が自身のSNSで結婚を発表 今季はオーストラリアでプレイ

左膝を負傷したバックスのヤニス・アデトクンボ、靭帯に損傷はなかったと現地メディアがレポート

「僕らはプロ」トレイ・ヤングの代役を務めたルー・ウィリアムズ、プレイオフ自身初の先発起用で躍動

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ
  • サンズ

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAプレイオフ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンズのクリス・ポールがプレイオフ自己最多の41得点 後半だけで31得点を記録