「もう少し若かったらブレイザーズのトライアウトを受けただろう」ベン・ウォーレスがかつての盟友のHC就任を喜ぶ

日本時間6月28日(現地27日)、ポートランド・トレイルブレイザーズはチャンシー・ビラップスをヘッドコーチに招聘したと発表した。現役時代はデトロイト・ピストンズ在籍時の2004年にファイナルMVPを受賞するなど輝かしい経歴を誇るビラップスは、現在もロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチとしてチームの快進撃を支えるなど、第2のキャリアでも成功を収めようとしている。 そんなビラップスのヘッドコーチ就任を、かつてのチームメイトも喜んでいる。『NBC Sports』のドワイト・ジェインズ記者は、2002-03シーズンから2005-06シーズンにかけてピストンズで共闘したセンターのベン・ウォーレスの言葉を紹介している。 「チャンシーは素晴らしいヘッドコーチになると確信している。もうちょっと若かったら、ポートランド・トレイルブレイザーズのトライアウトに挑戦してみたんだけどね」 冗談交じりで盟友のHC就任を祝福したウォーレスだが、ビラップスのリーダーシップは相当なものだったと記憶しているという。ビラップスが入団した当初、「彼が最初にジムに入った瞬間から、彼がチームをコントロールすると分かった。彼は司令塔として選手を指揮し、チームを率いたんだ」と振り返っている。 かつてブレイザーズで10年にわたってスカウトなどを歴任し、2008年にはジェネラルマネージャーを務めていたデンバー・ナゲッツでアレン・アイバーソンとビラップスのトレードを行なったマーク・ワーケンティンも、ビラップスのコーチ就任を「完璧」と評価した。 「一言で答えよう。完璧だ。彼は素晴らしいチームメイトであり、コミュニティにとっても素晴らしい人物だ。彼は完璧だった。とにかく完璧なんだ。ポートランドの人々も彼を好きになるだろうね」

ベン・シモンズが東京五輪参加を辞退 今夏は個人のスキルアップに注力へ

USAバスケットボールが東京五輪に挑むロスター12人を発表 過去3年で欠場が多いケビン・ラブが選ばれた理由とは

即戦力を求めるウォリアーズ、パスカル・シアカムの獲得を画策?

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ
  • ピストンズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 「もう少し若かったらブレイザーズのトライアウトを受けただろう」ベン・ウォーレスがかつての盟友のHC就任を喜ぶ